bit

これはマニアック!多摩川住宅が忠実に再現されたゲーム「団地アート・オンライン」が大評判!

これはマニアック!多摩川住宅が忠実に再現されたゲーム「団地アート・オンライン」が大評判!
「Steam Greenlight」ゲーム画面ページより。
東京都調布市に存在するマンモス団地、多摩川住宅を忠実に再現したアクションRPGブラウザゲーム『団地アート・オンライン』の開発動画がネット上で話題になっている。

忠実に再現された多摩川住宅


多摩川住宅とは、高度経済成長期真っ只中の昭和41年(1966年)に建てられた鉄筋コンクリート造りの団地。多摩川のほとりで都心にも近い好立地が魅力で、当時のサラリーマンの憧れとなり、天皇陛下も皇太子時代に視察に訪れたそう。

今回公開された『団地アート・オンライン』の開発途中の動画には、プレイヤーが操作するキャラクターが多摩川住宅内を走り回る様子が映されている。実際に団地内にある渦巻状の遊具や廊下、部屋の一室、駐車場なども忠実に再現されており、「ここまで忠実とは驚き!」「団地に住んでる人にとって、これは夢のゲームだww」と期待が高まっている様子。動画内には昼・夕方・夜の時間も存在しており、それぞれのプレイ画面も確認できる。

『ソードアート・オンライン』とは…関係はない


このゲームのネーミングから、仮想大規模RPGゲームをモチーフにしたアニメ『ソードアート・オンライン』を連想する人も多いよう。同アニメは、仮想大規模RPG「ソードアート・オンライン(SAO)」という、クリアするまで脱出不可能、ゲームオーバーは現実世界での死を意味する究極のデスゲームに身を投じることになった主人公を描いたもので、もちろん『団地アート・オンライン』とは全く関係がない。

しかし「まんま『ソードアート・オンライン』じゃねえかww」「『ソードアート・オンライン』感が否めねぇわwww」「てか、ゲームの名称大丈夫か?」といった声もアニメファンから上がっている。

まだ開発途中ではあるが、同ゲームのビルドをプレイすることも可能。既にプレイした人からは、「このゲームっていつ発売されるの?」「めちゃくちゃ面白い! これは期待大のゲームだ!」「完成版をプレイするのが待ち遠しい」と、製品化を待ちわびる声が相次いでいる。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2017年1月5日のコネタ記事
「これはマニアック!多摩川住宅が忠実に再現されたゲーム「団地アート・オンライン」が大評判!」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    多摩川住宅は、狛江と調布をまたいでて、多摩市の方では、なく。別に過疎ってませんw 人口は、頭打ちですが、土地がない。。数年後建て替えです。

    6
  • 匿名さん 通報

    東京多摩の過疎って、田舎のソレとは次元が全然違うんだろうな。

    5
  • 多摩川住宅住民 通報

    残念ながら中心の12階建ての棟は解体予定のため、既に店舗を除く全住民が退去済み。しかしとっくに取り壊されてる渦巻き滑り台が再現されているとは、さては製作者も多摩住出身か?

    5
  • 匿名さん 通報

    このゲームで多摩に興味をもってもらい、過疎問題を解決する狙いかな。

    4
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース