bit

『君の名は。』仏でも公開 フランス人の目にどう映ったのか

映画『君の名は。』が昨年12月28日にフランスでも公開され、パリ市内は10カ所の映画館で封切られた。

同作は山深い田舎に暮らす女子高校生・三葉と東京在住の男子高校生・瀧を主人公にした物語。ある朝二人の体が突然入れ替わり、それが意外な真実へと繋がっていくという内容だ。日本では興行収入が200億円を突破し、邦画の歴代興収ランキングで2位となるなど、大きな成功を収めている。この日本のアニメ映画は、フランス人の目にどう映ったのか。

『君の名は。』仏でも公開 フランス人の目にどう映ったのか


上映後、拍手に包まれた初日


公開初日の朝、パリ中心部のシネコン「シネシテ・レ・アール」には、公開を待ちわびたフランスのファンが詰めかけた。年齢層は10〜20代のアジア系男性が中心で、そこに同じく10〜20代のアジア系女性、およびヨーロッパ系男女、親子連れが加わる形。少しだけ年配者もいた。入場時にはポスターと、「新海監督に一言送ろう」と書かれた切手付きのポストカードが配られ、座席は全体の3分の1ほどが埋まった。

上映中は途中退出者もなく、時にコミカルに、時に感動的に観客の感情を掴みつつ進んでいく。そしてクライマックスを迎えエンドロールが流れると、観客の間から拍手が沸き起こった。『君の名は。』がフランスで受け入れられた瞬間だ。

『君の名は。』仏でも公開 フランス人の目にどう映ったのか


現地メディアの反応は?

 
公開日、ル・モンド紙は「新海誠の新しいアニメ映画は、アジアでのすべての記録を破る。このバーチャルのロミオとジュリエットは、公開されるやいなやフランス人を魅了するだろう」と評しつつ同作を紹介した。三葉と瀧という主人公の対照性、および物語の組み立て方を評価しつつ、記事の結びとして12月8日にパリ市内UGCシネシテ・レ・アールで行われた試写会では、一般公開後、1時間で満席になったことに同紙は触れた。

あわせて読みたい

「『君の名は。』仏でも公開 フランス人の目にどう映ったのか」の みんなの反応 7
  • オーシャン 通報

    フランス人は日本文化、アニメ、武道、なんでも好きっすね。

    17
  • 匿名さん 通報

    欧米で日本のアニメが人気なんてのは大袈裟。「一部の熱狂的ファン」はマイノリティ。というか、仏文学や映画を見てても、日本以上に繊細な感性を持つフランス人。アニメは受けないかも。

    5
  • キヨピー 通報

    ノラ猫さん 私は新海ファンでもあり海洋堂ファンでもあります。 2016年12月28日はフランスでは平日であり冬休みに入った学生さんは午前中に観覧出来そうですが、社会人には厳しいでしょう。

    3
  • キヨピー 通報

    また海洋堂社長のコメントは7年も前の物で今ではリボルテック等、結構売れていますよ。 昨年、来日した観光客が2400万人。一番多い中国人の中にも日本の名勝や文化を楽しむのが目的の方も増えたとの事。

    1
  • 匿名さん 通報

    クールジャパンは存在しないと思いたいあっち系の哀れな棄民さんが必死ですねぇ。 実際に行けばなんでジャパンエキスポで毎年何十万人も集まるのか理解できますよぉ。

    0
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース