smadan

パナソニックが長時間労働を減らす制度開始 実は日本初の完全週休2日制を導入した企業

パナソニックが長時間労働を減らす制度開始 実は日本初の完全週休2日制を導入した企業
画像はイメージです。
パナソニックは、従業員が午後8時までに仕事を終えて退社するよう1月31日に指示。同日から、午後8時までに退社する取り組みをスタートした。過労による自殺や病気が問題視されているなかで、パナソニックの対応に好意的な意見が上がっている。

パナソニックの取り組みに評価の声


この取り組みは、仕事の効率を上げて長時間労働を減らすために始めた制度で、約10万人にも上る国内の全グループの従業員に指示。同時に、残業時間は月80時間までとして、これを超える時間外労働を無くすようにと求めているとのこと。対象は一般の社員だけでなく、部長や課長などの管理職まで含まれている。

これには、ニュースのコメントなどで「こういう行動を起こす会社が残るんだよね」「他の会社や官公庁もつづけ!」「サラリーマンやるならパナのような会社が一番。高給にひかれて金融なんかに行くと心身を疲弊させるだけだよ」という意見が上がり、好評のようだ。大企業としていち早く働く時間を減らそうとしているパナソニックの取り組みに共感している人が多いようだ。

働き方に関しては最先端!? パナソニックの試み


パナソニックでは、夜8時までに退社するという新たな試みの他に、フレックスタイム制や、在宅勤務、有給休暇の消化など、これまでにも実施されている制度の活用も推奨している。

実は同社は働き方の改善に積極的で、1965年には日本初の完全週休2日制を導入(当時・松下電器産業)。また、2016年には従業員の子育て支援に熱心に取り組む企業として、厚生労働大臣から「プラチナくるみん」の認定を受けるなど、その試みは高く評価されている。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年2月3日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。