smadan

残業消えたら「面白みのないクソ会社」に ネット投稿に反論意見が続々

名前を隠して日記を書く事が出来るサービス「はてな匿名ダイアリー」に投稿された「元コンサルが入って残業のないクソ会社になった」というエントリーがきっかけで、SNSなどネット上で残業に関する議論が起こっている。

残業がなくなったらクソ会社になった?


投稿者の会社は元々は残業率が高く、21時でも半分ほどの社員が残り、会社に泊まる社員もたくさんいたとのこと。それでも多くの社員はそれを苦に思っていなかったらしい。

というのも、休憩は1時間以上取っても何も言われないし、途中で抜けて銀行や役所に行ってもOK。業務中にTwitterやフェイスブックに投稿しても問題なしでネットをやり放題。みんなで夜ご飯を食べに行って、その後ダラダラと1時間ほど喋る、と毎日が文化祭の前夜みたいな感じで、毎日出社する際も「仕事に行く」という意識をしないほど気楽だったという。

だがある日、社長が元戦略コンサルという人を連れてきて会社の雰囲気は一変する。元戦略コンサルは、社内ネットワークを新たに構築し、個人の裁量だった各人のタスクをすべて可視化し、タスクごとに明確な締め切りを作って、それを守ることを最優先させた。クオリティが低くなっても、残業して作り込むことを許さず時間厳守させる。各々が自由に取っていた休憩時間も、時間をきっちりと決めて、時間内に昼食を取るよう言明。メール一本で許されていた遅刻を、申請しての証明書の提出を義務付け。離席して社内ネットワークに30分以上接続していないと、理由を提出させる。SNSは原則禁止。

「社内の雰囲気もどんどん変わっていった。ダラダラと雑談することはなくなって、職能の切り分けが激しくなり、他の役職との交流がなくなった。確かに効率化はした。今じゃ定時に上がる人がほぼほぼで、夜9時に会社にいる人なんて1人か2人になった。だけど、何の面白みもないクソ会社に成り下がった。文化祭的な楽しさはなくなって、息の詰まる職場になった」

投稿者は空いた時間で副業をして収入が上がったそうだが、「酒を飲むと愚痴が多くなった。世の中の会社員のほとんどが死んだ目をしているのが不思議だったけど、今はわかったよ。健全な会社はストレスを生むんだ」とこの投稿を締めくくった。

編集部おすすめ

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スマダンニュースランキング

スマダンランキングをもっと見る
お買いものリンク