review

マンガ大賞『響~小説家になる方法~』を読む。天才は手段を選ばない

「圧倒的な天才を描きたかった」。マンガ大賞2017の授賞式で『響~小説家になる方法~』を描いた柳本光晴(やなもと・みつはる)はそう言った。受賞作に描かれているのは、まさしく「圧倒的な天才」。誰もが憧れ、嫉妬すら諦めるほどの才能だ。
マンガ大賞『響~小説家になる方法~』を読む。天才は手段を選ばない

ストーリーは文芸誌『木蓮』編集部に応募規約を無視した手書きの小説が送りつけられるところから始まる。書かれているのは、『お伽の庭』というタイトルと本文、そして「鮎喰響」という本名かペンネームかもわからない名前だけ。住所、年齢、職業、性別、電話番号もない。だが、それは後に世の中を震撼させる圧倒的な傑作だった――。

『お伽の庭』を書いた「鮎喰響」は、15歳の女子高生。文芸誌への投稿は、まだ確信しきれない自らの才能を確認するためのものだった。そして天才は、世の大人たちを驚愕、震撼させていく。天賦の才に恵まれた者だけが開けられる扉を、枠ごとなぎ倒すかのような勢いで次々に開けていくことになる。

ちなみにマンガ大賞2017の自分の投票コメントを見直したところ「世の常識をひっくり返すほどの圧倒的な才能と、無軌道な振る舞いには憧れすら覚える」と書かれていた。そう、「鮎喰響」という強烈なキャラクターは天才的文才とともに、何者にも束縛されない"無軌道"な性格も持ち合わせている。

"天才"につきまとうもの


そういえば、現代の数学者である藤原正彦は著書『天才の栄光と挫折』で「天才の峰が高ければ高いほど、谷底も深い」と記している。

あわせて読みたい

  • マンガ大賞『ゴールデンカムイ』の異変

    マンガ大賞『ゴールデンカムイ』の異変

  • 東村アキコ懺悔。マンガ大賞受賞式レポ

    東村アキコ懺悔。マンガ大賞受賞式レポ

  • マンガ大賞2014受賞作・森薫『乙嫁語り』で描かれる濃密で美しい食卓の情景

    マンガ大賞2014受賞作・森薫『乙嫁語り』で描かれる濃密で美しい食卓の情景

  • ただいま一次選考終了。マンガ大賞選考員の苦悩

    ただいま一次選考終了。マンガ大賞選考員の苦悩

  • レビューの記事をもっと見る 2017年3月31日のレビュー記事
    「マンガ大賞『響~小説家になる方法~』を読む。天才は手段を選ばない」の みんなの反応 2
    • 匿名さん 通報

      Mii.最近やってないな。

      2
    • 匿名さん 通報

      試し読み部分を読んだだけだが、面白いと思った。 しかし、Amazonの評価は低めですね。 でも、bookliveってところの評価はかなり高いし。漫画大賞もとってるみたいだし。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース