review

「SR サイタマノラッパー」が冗談じゃなく本当にドラマ化されたので急いで3部作を振り返ってみた

あの『SR サイタマノラッパー』がテレビドラマ化されると聞いた。素晴らしい冗談だよなー、と思っていた。が、マジだった。
「SR サイタマノラッパー」が冗談じゃなく本当にドラマ化されたので急いで3部作を振り返ってみた

先週の金曜日の深夜、『SR サイタマノラッパー~マイクの細道~』第1話が放送された。オープニングはRHYMESTER! しかもこのドラマのために書き下ろされた新曲。

で、画面にはMCイック、MCトム、MCマイティ、そして伝説のDJ TKD先輩(故人)が懐かしい面々が登場するのだから、思わずテレビの前で狂喜乱舞。

ドラマは3作ある映画の正当な続きで7年に及んだシリーズの集大成になるという。いよいよ完全決着かー。思えば長く険しい道のりだった。

『マイクの細道』第1話では、イックは悲願であるライブハウス出演の権利を獲得し、SHO-GUNGを再始動させる。刑務所から出所し行方不明だったマイティーと再会するところまでが一気に描かれた。その場所が青森の大間。3名による「クラブチッタ川崎」までの旅が描かれるのだろう。これまでの傾向を考えるとけしてイージーなものではないはずだ。

今夜、第2話が放送される前に、『SR サイタマノラッパー』のこれまでをサクッとおさらいしておこう。

三部作をおさらい


1:『SR サイタマノラッパー』2009年公開。埼玉県深谷市で冴えない日々を過ごすイックは、ラッパーとして世界にはばたくことを夢想しているニート青年。イックは地元の仲間たちとSHO-GUNGというグループを結成し、既に数年活動しているのだが、まだライブをしたことがなかった。

あわせて読みたい

  • 「いやぁ、ロックだね!」笑って乗り越えた〈「劇場版 神聖かまってちゃん」入江悠監督インタビュー後編>

    「いやぁ、ロックだね!」笑って乗り越えた〈「劇場版 神聖かまってちゃん」入江悠監督インタビュー後編>

  • 明日死ぬとしても今日は映画を観たかった〈「劇場版 神聖かまってちゃん」入江悠監督インタビュー前編>

    明日死ぬとしても今日は映画を観たかった〈「劇場版 神聖かまってちゃん」入江悠監督インタビュー前編>

  • 「フリスタ」呂布カルマ×DOTAMA両思い

    「フリスタ」呂布カルマ×DOTAMA両思い

  • 神回「フリスタ」R-指定vs.TKda黒ぶち

    神回「フリスタ」R-指定vs.TKda黒ぶち

  • レビューの記事をもっと見る 2017年4月14日のレビュー記事
    「「SR サイタマノラッパー」が冗談じゃなく本当にドラマ化されたので急いで3部作を振り返ってみた」の みんなの反応 2
    • ふっかちゃん 通報

      深谷じゃなくて、フクヤ市ですよ〜

      1
    • ぶn 通報

      熱い記事で見入りました

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース