又吉直樹作、第153回芥川賞受賞作品「火花」が最終回を迎えた。いろいろと問題がありそうな神谷(波岡一喜)の豊胸が思ったよりストレートに描かれていてビックリ。放送開始からどうするのかずっと気になっていた。
原作のあれをまんま生かした衝撃の最終回「火花」生きている限りバッドエンドはない
イラスト/小西りえこ

最後のネタ


最後の出番、スパークスは“思ってる事と逆の事を言うと先に宣言しておけば、感傷に浸らずに思いっきり本音をぶつけられる”というネタを披露した。徳永(林遣都)は山下(井下好井・好井まさお)に対して「ツッコミがうまい」「天才」など褒めたたえるが、これはすべて逆だ。逆の事を言うというシステムを使って、山下をくさしていく。

しかし、後半から様子が変わっていく。「文句ばっかり言って全然ついてきてくれなかった」「ほんま楽しくなかった」と、面と向かってまっすぐとは言えない本音の逆を山下に向かって叫びだす。次にその本音はいつも観に来てくれた客へ、最後に自分の芸人人生についてへと矛先を変えた。会場は笑い声よりもすすり泣く声の方が大きくなっていく。

感動で終わらないところにホッとする。徳永は山下にも言いたいことを言うよう促した。山下が「お客さんに全然感謝してません!」と叫んだあと「お前最低やな」しっかりと笑いで締めくくった。

ピュアすぎるFカップの前触れ


相方の大林(とろサーモン・村田秀亮)によると、神谷は借金が積って失踪してしまったという。そんな神谷から引退して不動産屋に勤める徳永に連絡があった。徳永が指定された居酒屋に行ってみると、そこには豊胸手術をしてFカップになった神谷がいた。不気味すぎるその光景に、もちろん徳永が笑うことはなかった。