smadan

上馬キリスト教会Twitterの「中の人」が語る、日本人と宗教の関係とは

従来の教会が持たれがちだった「お堅い」イメージから一線を画し、時にふざけた、時にまじめなツイートで、クリスチャンに限らない人気を集めている上馬キリスト教会(東京都世田谷区)。今回はTwitterの「まじめ担当」で信徒の横坂剛比古(よこさか・たけひこ)さんに、キリスト教をはじめとした宗教と、現代の日本人が持つ宗教観についてお話を伺いました。
上馬キリスト教会Twitterの「中の人」が語る、日本人と宗教の関係とは

教会には誰が来てもいい。クリスチャンではなくても


――教会らしからぬ親しみやすいツイートが人気の上馬キリスト教会ですが、Twitterはどのような意図を持ってやっているのでしょうか?

横坂:意図としては敷居を下げることですね。現代の日本では宗教に対して「自分たちとは違う世界のもの。お酒も煙草もやらないような聖人君子のもの」というイメージを持たれている方が多いかと思います。ですが実際にはそんなことはなくて、クリスチャンであっても、みなさんと同じように遊ぶし、お酒も飲みますし、時には悪さもする、普通の人がやっているものです。もし興味があれば日曜日の礼拝にもいらしてください。

――クリスチャンではなくても行っていいのでしょうか?

横坂:もちろん。教会は誰が来てもいい場所です。クリスチャンじゃなければ来てはいけない場所ではありません。「仏教徒なんだけどいいですか?」と見学しに来る方もいます。クリスチャンじゃなければいけない教会はたぶん日本にはないと思います。あったとしたら、多分カルトか何かなので行かないほうが良いですね。

――「誰が来てもいい」というほどオープンな場所であるにもかかわらず、多くの日本人が教会に対して、敷居の高さを感じてしまうのはどうしてなのでしょうか?

横坂:ひとつは日本人の宗教観ですね。日本の文化に強い影響力を持っている神道では、八百万の神、たくさんの神様がいるという考え方をするので、キリスト教やイスラム教のように唯一の神を信じる考え方が馴染まない部分はあるのだと思います。

――多神教と一神教の違いですね。

横坂:もうひとつの理由としては、自分をどこかに所属させることをあまりしたがらない、日本人の性質があるのでしょう。例えば「どの政党を支持しますか」というアンケートをアメリカでとったら、「俺は共和党支持」「私は民主党支持」と明確な回答がほとんどなんですが、日本で同じアンケートを取ったら、「支持政党なし」「無党派層」という回答が多くなりますよね。それと同じように、日本人は宗教においても「自分はキリシタンだ、仏教徒だ、イスラム教徒だ」と明確にせず、中立でいたいと思う傾向があります。ミッション系の学校に通い、聖書を読んだりお祈りしたりして、「神様っているのかな」とうっすら思っている人でも、クリスチャンとは名乗らないひとは多いですね。

――確かに。あまりはっきり主張しませんし、はっきり主張する人に対してはちょっと構えてしまいますね。

横坂:なので僕たちも、クリスチャンではない方に対して、「みなさんキリスト教を信じましょう」という踏み込んだ態度は取りません。その代わりに敷居は下げて、ドアには鍵を掛けず開けっ放しにしているので、気になった方は誰でも、いつでも来てくださいねというスタンスです。

上馬キリスト教会Twitterの「中の人」が語る、日本人と宗教の関係とは

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク