review

ホロコースト否定論を否定せよ「否定と肯定」は歴史の捏造に対して毅然とした態度をとる法廷映画

法廷ものとして真っ当に面白く、さらに歴史の捏造に対して毅然とした態度をとる作品である『否定と肯定』は、2017年の今だからこそ見ておきたい一本だ。
ホロコースト否定論を否定せよ「否定と肯定」は歴史の捏造に対して毅然とした態度をとる法廷映画

ユダヤ系歴史学者VSホロコースト否定論者、イギリスでガチンコ対決


『否定と肯定』の題材となっているのは、"アーヴィング対ペンギンブックス・リップシュタット事件"だ。1996年から2000年(最終的にアーヴィングの控訴が却下されたのは2001年)にかけて争われたこの裁判で問われたのは、ホロコースト否認論の是非である。

1994年、アトランタの大学で働くユダヤ系のホロコースト研究家デボラ・E・リップシュタットは、講演の最中にホロコースト否認論を説く歴史家のデイヴィッド・アーヴィングからの妨害を受ける。「プレスリーの生死を論じても意味がないのと同じ」と言ってホロコースト否認論者との対話を退けるリップシュタットだったが、アーヴィングは会場で勝手に著書を配布し、挙句にはリップシュタットへの中傷をインターネットに書き散らす。

次いで1996年。リップシュタットはイギリスにおいてアーヴィングから名誉毀損で訴訟を起こされる。アメリカの裁判の仕組みと異なり、イギリスでは被告側に立証責任があり、その仕組みを突いた訴訟であった。法廷で真っ向からアーヴィングと対決することになったリップシュタットは、ダイアナ妃の離婚裁判で弁護を務めた事務弁護士のアンソニー・ジュリアスと名誉毀損専門の勅撰弁護士リチャード・ランプトンを中心としたイギリス人弁護団を雇い、「ホロコーストが実在したこと」を証明するという奇妙な裁判に挑む。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2017年12月15日のレビュー記事
「ホロコースト否定論を否定せよ「否定と肯定」は歴史の捏造に対して毅然とした態度をとる法廷映画」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    南京大虐殺も従軍慰安婦も、歴史的事実です。

    13
  • 匿名さん 通報

    日本の現状にもリンクしている内容の映画であるようだ。是非見てみたい。

    7
  • 匿名さん 通報

    修正主義の特徴①「捏造」を多用②被害者を金銭目的と侮辱③被害者の体験談を聞いた事がない④自国だけではないとすり替えの主張⑤現在の視点で歴史を検証できない⑥他民族への差別意識がある

    7
  • 匿名さん 通報

    100人なら大虐殺ではないと?何が問題の本質で、課題なのかが理解出来ないのが致命的。それが日本政府。恥の上塗り。問題は深刻化する。

    5
  • 匿名さん 通報

    22:19のようにアホな事言っている奴がいるので、「難を逃れた南京市民」というのも出て、とうとう虐殺されたと言われる市民数+避難民で当時の市民数を遥かに超える数に!自らフィクションと叫んでいる。

    4
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース