review

呆然「刑事ゆがみ」最終話。オダギリジョーのパブリックイメージそのものがトリックだった、やられた!

フジテレビ系「刑事ゆがみ」(木曜22時〜)最終話。
呆然「刑事ゆがみ」最終話。オダギリジョーのパブリックイメージそのものがトリックだった、やられた!
イラスト/Morimori no moRi

オダギリジョーは、狂人、異常者、天才など、凡人には計り知れない世界を生きる役が良く似合う。

オダギリジョーを使った印象操作


そんなオダギリジョー演じる横島不二実は、全身真っ黒の服を着て、何話も前から意味深な登場の仕方ばかり。しかも、死んだはずだとか、カリスマ小説家だとか、自身の小説「ロイコ」に似た殺人事件「ロイコ事件」の犯人だとか。見ているこっちからしたら、横島は狂人だと想像せざるを得ない。

最終話の冒頭、今までほぼセリフの無かった横島が、フォークリフトをサンタクロースの格好で乗り回し、高笑いを浮かべながら海にマネキンを投げ入れる。そして、マネキンをヒズミ(山本美月)と勘違いして海に飛び込んだ弓神(浅野忠信)におしっこをかけてさらに高笑い。もう絵に描いたような狂人だ。

しかし、物語が進むに連れ、とんでもない事実が発覚する。横島は、「ロイコ事件」の犯人ではなかったのだ。それどころか、小説もゴーストライターなしではまともにかけない似非カリスマだったのだ。

横島がやったことと言えば、ゴーストライターの河合武(渋川清彦)の才能に嫉妬し、その奥さんの伊代(酒井美紀)を襲ったことくらい。あとは、弓神の指示通りに動いただけだった。横島はただの小物だったのだ。小物がプライドをこじらせて、突飛な行動を取ってしまっただけだった。

オダギリジョーが悪のカリスマっぽい佇まいをしていたら、誰だってそれを信じるに決まっている。せいぜい逆に良い奴なんじゃない? と逆を想像することくらいしかできない。なのに、ただの小物。これはオダギリジョーのパブリックイメージを巧みに使った印象操作だ。ただただ、騙された。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2017年12月15日のレビュー記事
「呆然「刑事ゆがみ」最終話。オダギリジョーのパブリックイメージそのものがトリックだった、やられた!」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    ゆがみ、最高におもしろかった。 主演も脇役も毎回のゲストもすべてが良かった。 フジじゃなきゃ、視聴率もっと良かっただろうに

    13
  • 匿名さん 通報

    これを真似た安易な擬似ドラマが製作されないことを願います。堕落したフジTVが考えそうな…いえ、絶対考えて実行する危険性大です。

    8
  • 匿名 通報

    期待してなかったけど何となく見たら面白くてハマった。とても良かった。なんでもスタッフさんが新しい人ばかりだったとか。古いモンばかり使ってたらやっぱダメだね。新しい風入れないと!

    7
  • 匿名希望 通報

    代弁するかのごとく、刑事ゆがみの感想、評価、考察、書いていただきありがとうございます。 素晴らしいです。 続編、スペシャル、お願いいたします。

    6
  • 匿名さん 通報

    狂人のつくりが洋画みたいだな。

    4
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

刑事ゆがみ

刑事ゆがみ

ドラマ『刑事ゆがみ』レビュー記事一覧。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース