review

「わろてんか」75話。娘よりも可愛い着物のお母ちゃん、順調にツッコみどころを作り続ける

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第13週「エッサッサ乙女組」第75回 12月27日(水)放送より。 
脚本:吉田智子 演出:東山充裕 中泉慧
イラスト/まつもとりえこ

75話はこんな話


島根からやって来た安来節の踊り手4人は「安来節乙女組」と命名された。

一銭飯屋がカレー自慢の洋食屋に


勝部なつ(畦田ひとみ)、小豆沢とわ(辻凪子)、錦織あや(鈴木球予)、安達都(大後寿々花)
4人が島根から大阪へやってきた。
いつの間にか「風ひな寮」というとてもかわいい寮ができあがっていて(思いつきをすぐ形にする。てんは手回しがいい)、4人は大喜び。

さっそく歓迎会が行われる。
場所は、歌子(枝元萌)の副業店マンマン。あの万々亭がいつの間にか、洒落た洋風なお店になっていた。
副業はとてもリアルな設定だ。芸能人って飲食とかファッション雑貨などのお店やるものだから。

自慢の卵カレーをふるまう歌子。
いつの間にかカレーがメニューに!
万々亭時代、団吾団真編のとき、藤吉がカレーを食べたいと言ったからだろうか。

ドラマにおけるたまり場の重要性


マンマンは今後、登場人物たちのたまり場になるのだろうか。
たまり場は、朝ドラに不可欠(朝ドラにかぎらず連ドラには必ずといっていいほどたまり場が出て来る)。「ひよっこ」のバー、「べっぴんさん」の多国籍カフェ、「あまちゃん」のスナックなどなど。
このたまり場が魅力的だと、朝ドラ(ドラマ)はうまく回っていく。たくさんの俳優がわいわいと個性を寄せ合って盛り上がるから。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「わろてんか」に関する記事

「わろてんか」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「わろてんか」の記事

次に読みたい「わろてんか」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「わろてんか」

朝ドラ「わろてんか」

NHK「連続テレビ小説」第97作目の作品。明治後期から第二次世界大戦終了直後の大阪を舞台に、葵わかな演じるヒロインの藤岡てんが寄席経営に挑む姿を描く。モデルは吉本興業の創業者、吉本せい。2017年10月2日〜2018年3月31日放送。

お買いものリンク