smadan

松井秀喜のハンパない社会人力 下ネタやダサい格好も受け入れたゴジラの凄さ

松井秀喜のハンパない社会人力 下ネタやダサい格好も受け入れたゴジラの凄さ

年末年始は野球ファンにとって意外と忙しい。
と言うのも、この時期はテレビで多くの野球番組が放送されるからだ。毎年「野球選手の奥さん美人だね」なんつって野次馬根性丸出しでつい見ちゃう『プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達』はもちろん、現役プレーヤーが好みの選手をドラフト形式で指名してチームを作っていく『中居正広のプロ野球魂』から、『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』のリアル野球BANまで。
頼むからもう少し分散させて放送してください……と突っ込みたくなる野球番組のバーゲンセール。結果、その録画を消化している内に正月が過ぎ行く諸行無常。そんな中でテレビ朝日系列の特番『長嶋さんと中居くん』は心に沁みた。

中居君が運転する車の助手席に長嶋茂雄が乗り、後部座席に松井秀喜がいる風景。束の間のドライブを楽しみつつ、一行はミスターの母校・立教大学の食堂を訪ねる。この番組で印象深かったのがゲスト松井の存在感だ。お約束の「松井君はオリンピックの監督になると面白いよ」的なミスターからのキラーパスは笑って受け流し、長嶋さんが階段を上がる時はさりげなく肩を貸す。ハンパない大人力の高さ。43歳にして、この落ち着きはなんだろうか?

数年前、巨人宮崎キャンプ取材の帰りの飛行機で何列か前に松井が座っていたことがある。老若男女みんなその姿を見ただけでなぜか笑顔になってしまう大きさと存在感は強烈だった。高校時代に甲子園で5打席連続敬遠を経験し、巨人とヤンキースの4番を打ち、日本人選手では唯一のメジャー年間30本塁打をクリア。ワールドシリーズMVPにまで輝いている。さらに国民栄誉賞だ。なのにそれをひけらかすようなこともなく、控え目で柔らかだが芯は強い。まるで武道の達人のような雰囲気すら感じた。今の野球界隈で、怒ったら最も説得力があるのは松井秀喜だと思う。張本さんが「喝!」と叫ぼうがあのキャラのまんまだが、仮にいつも温厚そうで日米でリスペクトされている松井がいきなり怒ったら誰でもビビる。ガチで怖い。で、それは指導者として非常に重要な能力の気がする。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

プロ野球から学ぶ社会人サバイバル術

プロ野球から学ぶ社会人サバイバル術

プロ野球選手の移籍やセカンドキャリアから社会人としての生きる術を学ぶ、死亡遊戯さんの連載です。

2018年1月5日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。