smadan

Firefoxのブラウザシェア率ついに10%切る Chromeとどこで差がついたのか?

Firefoxのブラウザシェア率ついに10%切る Chromeとどこで差がついたのか?
「Firefox」公式サイトより。

「NetMarketShare」が発表した2018年5月分のウェブブラウザシェア率で、Firefoxのユーザー数減少が顕著になり、ネット上では「アップデート以降魅力がなくなったからな…」と納得する声が上がった。

アドオンを切り捨てる“改悪”でシェア率下降?


「NetMarketShare」のデータを見てみると、市場に占めるFirefoxのシェア率は2017年終盤あたりから徐々に減少。今年1月には10%台に突入し、2月に一度11%台に盛り返したもののさらに下降。5月には10を切り、9.92%のシェア率を記録してしまった。

ちなみに5月時点の占有率トップは、「Google Chrome」で62.85%。2位に「Internet Explorer(11.82%)」、3位に「Firefox」と続き、4位「Edge(4.26%)」、5位「Safari(3.71%)」という結果になっている。

17年中盤まではInternet Explorerと2位争いを繰り広げてきたFirefoxだが、いつの間にか引き離される形に。このデータにネット上では「Firefox 57へのアップデートが改悪すぎたな」「アドオンが使えなくなってChromeに乗り換えた」「アドオンが武器のブラウザがアドオンを切り捨てたらそうなるよな」「逆にまだ10%近く残っていることが驚き」「あえてFirefoxを使う理由が見つからない」といった意見が寄せられていた。...続きを読む

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る 2018年6月8日のスマダン記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース