review

「99.9−刑事専門弁護士−」静かにキレる松本潤、目を逸らす奥田瑛二…まるで最終回だよ興奮2話

       
月21日に第2話が放送された『99.9-刑事専門弁護士-SEASONII』(TBS系)。SEASONIIのストーリーを知る視聴者からは「序盤なのにまるで最終回のよう!」と、興奮混じりの声が上がっている。何しろ、前シリーズで検察側の“ラスボス”的存在だった大友修一(奥田瑛二)の打倒を果たす形になったから。今回は、“SEASONIの第11話目”といった趣きである。
「99.9−刑事専門弁護士−」静かにキレる松本潤、目を逸らす奥田瑛二…まるで最終回だよ興奮2話
イラスト/まつもとりえこ

松本潤と木村文乃の仲が相変わらず悪い


第2話で、深山大翔(松本潤)が向き合ったのは自身の過去。彼の父・大介(首藤康之)が実刑判決を受けた26年前の殺人事件であり、彼が法曹界を志すことになった契機だ。

事件の被害者・鏑木美里の妹の美由紀(野々すみ花)に呼び出され、故郷の金沢を訪れた深山は「それ、あなたのお父さんの物やね?」「早よ、持って帰って!」と、現場に落ちていた水晶のキーホルダーを突き返される。
しかし、このキーホルダーが深山には見覚えがない。ということは、現場には別の人間がいたのでは? この気付きを糸口に、真相究明に向けて時計の針が巻き戻り始めた。

斑目春彦(岸部一徳)の命を受け、事件の調査に加わった尾崎舞子(木村文乃)と明石達也(片桐仁)。しかし、遠路はるばるやって来た舞子に深山は相変わらず冷たい。
「元裁判官だと、感覚麻痺してるんじゃないかなぁ~?」(深山)

たしかに、彼女は裁判官だった頃の思考から抜け切れていない。怪しげな訴因変更を容認する姿勢を見せたり、ずさんな記録を裁判所へ提出した検察に対し「そんないいかげんな捜査記録を“私たち”に上げていたんですか?」と詰め寄ったり。とても阿吽とは言えない関係性が、深山と舞子にはある。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「99.9 + ドラマ」のおすすめ記事

「99.9 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

99.9−刑事専門弁護士−

99.9−刑事専門弁護士−

嵐の松本潤が主演をつとめるドラマ『99.9−刑事専門弁護士−』のレビュー記事一覧。

2018年1月28日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 99.9 ドラマ

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。