2月4日に放送された『99.9-刑事専門弁護士-SEASONII』(TBS系)の第4話。今シリーズのテーマを「弁護士」と「裁判官」の攻防と考えると、谷間の回だったと言える。

今回、斑目法律事務所と対峙したのは検事でも裁判官でもなく、“三谷幸喜”であった。
松本潤「99.9−刑事専門弁護士−」4話の主役は香川照之、なぜか三谷幸喜要素満載回
イラスト/まつもとりえこ

第4話あらすじ


斑目法律事務所に岩村梢(有森也実)が刑事事件の弁護で相談にやってきた。被疑者は、梢の夫で工場の社長・岩村直樹(ユリオカ超特Q)。
直樹は、取引先のタナハシ機械製作所専務・棚橋幸次郎を殺害後に自殺。事件は被疑者死亡のまま書類送検され、不起訴処分になっていた。しかし梢はその日に届いたメールから直樹は絶対に殺人を犯してないと確信しており、何としても無実を立証してほしいと依頼してきた。

被疑者死亡の場合、裁判が開かれないからこれ以上の弁護は無理だと一度は依頼を断った佐田篤弘(香川照之)だったが、直樹がエンジンに関する特許を個人で持っており、莫大な価値があったことに気付くや態度が一変。梢の依頼を正式に引き受けることにする。

梢は、幸次郎の兄でタナハシ機械製作所の社長・政一郎(迫田孝也)から3億円の損害賠償請求をされていた。払えるはずのない大金を請求し、相続を放棄させることで特許を手に入れようと政一郎は目論んでいる。
「こんな手の込んだやり方、素人にはできないんだよ! で、俺がちょっと調べたら、こいつがバックにいたんだよ」(佐田)

政一郎の弁護士は、森本貴(近藤芳正)。森本は民事でやり手の弁護士で、佐田と面識はないが、お互い名前を知っているライバル関係だ。