review

「きみが心に棲みついた」2話。吉岡里帆あるある「男におんぶされがち」地獄の依存関係を断ち切るのは誰か

       
吉岡里帆主演の火曜ドラマ『きみが心に棲みついた』。天堂きりんによる原作のドラマ化である。“ゾクキュン”なるキャッチフレーズが打ち出されているが、視聴者の女性の中には自分の過去と照らし合わせながらドラマを観ている人も多い模様。原作はまだ連載中なので、ドラマオリジナルの最終回が用意されるはず。ちょっと気が早いが、登場人物も、視聴者も救われる結末になるといいな……。
「きみが心に棲みついた」2話。吉岡里帆あるある「男におんぶされがち」地獄の依存関係を断ち切るのは誰か
原作1巻

今日子はインプリンティングされたヒヨコ


先週2話の振り返り。勤務先の下着メーカーで新ブランドの立ち上げを行うことになった小川今日子(吉岡里帆)。メンバーは先輩デザイナーの八木(鈴木紗理奈)と星名(向井理)だ。しかし、高圧的な態度の八木にオドオドしっぱなしの今日子。

「なんやねん、あんた、イラッとするわー!」

と言う堀田(瀬戸朝香)の言葉は正しい。あれぐらいのことでオドオドしていては仕事にならない(まぁ、八木のあの態度は今どきのオフィスで許されるものではないが)。それでいてすぐさま今日子のことを励ますのだから、堀田は優しい。堀田はこのドラマの良心だ。

吉崎(桐谷健太)が担当するマンガ家のスズキ次郎(ムロツヨシ)とともに下着の取材にやってきた。浮かれてミニスカートを履き(そこまでミニだった?)、社内で吉崎を見かけたらひょこひょことヒヨコのようについていく今日子。

「ヒヨコのように」と書いたが、家族や友人に受け入れられたことがない過去を持つ今日子は、自分を受け入れてくれたもの(受け入れてくれそうなもの)を見つけると、インプリンティング(刷り込み)されたヒヨコのようについていってしまう。今の今日子は生まれたばかりの自立できないヒヨコなのだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「きみが心に棲みついた」2話。吉岡里帆あるある「男におんぶされがち」地獄の依存関係を断ち切るのは誰か」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    >吉岡里帆の体当たりぶりには頭が下がる。   確かに、あの体当たり演技は凄い❗

    3
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

きみが心に棲みついた

きみが心に棲みついた

ドラマ『きみが心に棲みついた』は、女性向けマンガ雑誌「FEEL YOUNG」で連載中の天堂きりんによるコミックが原作。吉岡里帆演じる主人公が桐谷健太と向井理が演じる対照的な魅力を持つ二人の男性の間で揺れ動くラブストーリー。

2018年1月30日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。