review

「西郷どん」渡辺謙、名優の貫禄。泣きすぎて洟をかむ、その迫真

大河ドラマ「西郷どん」(原作:林真理子 脚本:中園ミホ/毎週日曜 NHK 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時) 

第4回「新しき藩主」1月28日放送  演出:野田雄介
「西郷どん」渡辺謙、名優の貫禄。泣きすぎて洟をかむ、その迫真
NHK大河ドラマ「西郷どん」完全ガイドブック PART1 (TOKYO NEWS MOOK 670号)

お由羅の立場


鹿賀丈史(斉興)VS渡辺謙(斉彬)劇場を堪能した。
俳優の芝居でじわじわとサスペンス性を高めていく。濃密で緊張感ハンパない回だった。

1話から3話までは、4話で島津斉彬(渡辺謙)が「きらっきらしかなあ」と子どもたちにも慕われる
藩主になるまでの、長い長い前ふりだったのだなあと思う。

嘉永3年。
島津斉興が斉彬派を粛清した「お由羅騒動」によって、吉之助(鈴木亮平)の師・赤山靭負(沢村一樹)が切腹させられることに。
吉之助や大久保正助(瑛太)はいたたまれず、久光(青木崇高)に取り消してほしいと願い出るが、ぽかーんとした顔で聞いた挙句、「おいに何ができる?」「おいに言うな」と逃げられてしまう。

久光は当然ながら、母・由羅(小柳ルミ子)の味方。江戸で「妾の呪い」と題したかわら版が出回っていると知って、憤慨する。
と、由羅は、
「わたしは世間にどう思われてもよい」
「殿様とあなただけが信じてくれれば」と言い、
「みんな私を憎むがいい」とひとり盛り上がる。

由羅「みんな私を斬りにいらしゃい」
斉興「由羅・・・」

ここは、笑うところなんだろうか。
かなり深刻な状況にもかかわらず、なぜか由羅がおポンチキャラに見える。

その後、赤山の切腹を、この目に焼き付けた吉之助は、お由羅のことを許せないと怒り狂う。「あげな妾んために」「あん妾」「あげな妾」と3回も喚く。プラス「あの女」が1回。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「西郷どん」に関する記事

「西郷どん」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「西郷どん」の記事

次に読みたい「西郷どん」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

西郷どん

西郷どん

『西郷どん』は鈴木亮平や橋本愛らが出演するNHKの大河ドラマ。極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(西郷どん)が、明治維新を成し遂げていく物語。

お買いものリンク