review

「西郷どん」ピッチピチ本まぐろボディの鈴木亮平が、渡辺謙に相撲を挑んで視聴率アップ

大河ドラマ「西郷どん」(原作:林真理子 脚本:中園ミホ/毎週日曜 NHK 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時) 

第5回「相撲じゃ!相撲じゃ!」2月3日放送  演出:盆子原誠
「西郷どん」ピッチピチ本まぐろボディの鈴木亮平が、渡辺謙に相撲を挑んで視聴率アップ
NHK大河ドラマスペシャル るるぶ 西郷どん (JTBのムック)
それにしてもどれだけ関連ムックが出ているのか……

視聴率が上がった


嘉永4年5月8日、島津斉彬(渡辺謙)が薩摩の藩主になった。
馬に乗った正義のお殿様は、みんなだいすき。
視聴率も上がって、5話中、最高値(15.5% ビデオリサーチ調関東地区)に。これから、これから。
前半の出演者が出揃い、それぞれの役割が徹底認知されたうえ、恋や相撲というイベントがあって、とても見やすい回だった。

何もかも一新されると民衆は沸きに沸いたが、それは、ぬか喜びだった。
斉彬は「先君の政、曲げること叶わじ」と、お由羅(小柳ルミ子)騒動で刑に処せられた人たちのご赦免はなく、そのままになってしまう。
大久保正助(瑛太)の謹慎も解けず、父・次右衛門(平田満)も島流しから帰って来ることができない。

吉之助(鈴木亮平)たちは、御前相撲に勝って斉彬に直訴しようと熱くなる。
血気盛んなのはいいが、吉之助っていまのところ、直訴してばっかり。まあ、黙っているより声をあげたほうがいいけれど。

斉彬のかなしみ


斉彬は「先君の政、曲げること叶わじ」と、気を使って、久光(青木崇高)もそのままの役職にしたうえ、隠居した斉興(鹿賀丈史)の顔色伺いに5年ものの黒酢をもって行くが、邪険にされてしまう。

渡辺謙は成熟した大人の男にもかかわらず、父親の前では少年のような顔になる。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年2月11日のレビュー記事
「「西郷どん」ピッチピチ本まぐろボディの鈴木亮平が、渡辺謙に相撲を挑んで視聴率アップ」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    天然パーマの渡部 豪太だよね

    2
  • 匿名さん 通報

    作り笑顔の西郷どんなど見たくもない!

    1
  • 匿名さん 通報

    >演技では圧倒的な技巧を4話で見せた渡辺謙だが、肉体には年齢が滲む。鈴木亮平のいまが旬というような  殿様と痩せたり増量したりの鈴木さんとを、比べるのは違うような▪▪▪

    1
  • 匿名さん 通報

    肩をけがしてて後遺症で一生刀を振れない設定はどこ行った。

    0
  • 匿名さん 通報

    伊達政宗が藩主になったんだな。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ごちそうさん」のニュース

次に読みたい関連記事「ごちそうさん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「じぇじぇじぇ」のニュース

次に読みたい関連記事「じぇじぇじぇ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

西郷どん

西郷どん

『西郷どん』は鈴木亮平や橋本愛らが出演するNHKの大河ドラマ。極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(西郷どん)が、明治維新を成し遂げていく物語。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース