review

「もみ消して冬」6話。ジャ、ジャ、ジャーンで山村紅葉登場、山田涼介の色気アップに大貢献

ジャ、ジャ、ジャーン
ジャ、ジャ、ジャーン♪


1話から事あるごとに流れていた『火曜サスペンス劇場』のオープニングテーマ曲「火曜サスペンス劇場フラッシュバックテーマ」が、いつもよりやけにしっくりくる。
2月17日(土)放送の、ドラマ『もみ消して冬~ わが家の問題なかったことに~』第6話(日本テレビ系列)に、サスペンスの裏女王・山村紅葉が登場したのだ。
「もみ消して冬」6話。ジャ、ジャ、ジャーンで山村紅葉登場、山田涼介の色気アップに大貢献
イラスト/まつもとりえこ

秀作「もう犯人はわかった。犯人探しというこの特殊な状況を、まるで何度も経験しているかのような風格。そして、おのずと立ち上る犯罪者特有のオーラ。間違いない、犯人はこのこずえさんだ!」

犯人探しの状況を何度も経験しているかのようなのも、犯罪者特有のオーラを感じるのも、それは山村紅葉だからだよ! と、ツッコみたくなる。
役名よりもキャラクターが立ってしまうほど、山村紅葉が演じる「こずえ」は見る側が期待する山村紅葉そのものだった。

山村紅葉の山村紅葉っぽさ大爆発


北沢家の父・泰蔵(中村梅雀)がバレンタインデーにもらったチョコレートに、睡眠薬が入っていた。博文(小澤征悦)、知晶(波瑠)、秀作(山田涼介(Hey! Say! JUMP))が犯人探しを始める。
睡眠薬を入れた犯人・晶江(しのへけい子)が、「シャレのつもりだった」とすぐに名乗り出た。ところが、晶江とは別に、降圧剤を入れたチョコレートを贈った人がいることが、知晶の調べで発覚する。

「間違いない、犯人はこのこずえさんだ!」と、降圧剤の犯人を...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年2月24日のレビュー記事
「「もみ消して冬」6話。ジャ、ジャ、ジャーンで山村紅葉登場、山田涼介の色気アップに大貢献」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    山村紅葉が出てくるとドラマがいっぺんにダメになる。使い続けるテレビ局ってはだかの王様なんでしょうかw

    2
  • W 通報

    親の光は七光り!!!

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~

もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~

「もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~」は日本テレビで放送されているホームドラマ。山田涼介が演じるエリート警察官、波瑠が演じる敏腕弁護士、小澤征悦が演じる心臓外科医のエリート3兄弟が家族にふりかかるトラブルを全力で解決していく。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース