review

「もみ消して冬」4話「キスぐらい誰とだってするから!」初対面のおじさんにキスをせがむ波瑠が愛おしい

秀作「母さん、お元気ですか? 姉さんが恋をしている模様です。相手の背中に鯉の模様です。ラップみたいですみません。今年の冬は、恋の季節になりそうです。Yeah……」

毎週土曜よる10時から放送のドラマもみ消して冬~ わが家の問題なかったことに~(日本テレビ系列)。エリート三兄弟の末っ子・北沢秀作(山田涼介(Hey! Say! JUMP))が、家族の幸せのため、そして家族の一員として認めてもらうために、北沢家に起こる問題をもみ消していく。
2月3日(土)に放送された第4話では、長女で弁護士の北沢知晶(波瑠)が見習い執事・楠木松也(千葉雄大)にキスをしてしまうという事件が起こる。
「もみ消して冬」4話「キスぐらい誰とだってするから!」初対面のおじさんにキスをせがむ波瑠が愛おしい
イラスト/まつもとりえこ

『もみ冬』の倫理ラインと誇り


第3話のラストで明かされた、楠木の背中にある大きな2匹の鯉の刺青。
すわ、楠木は北沢一家を乗っ取る刺客か? と思いきや、その疑惑は早々に解決する。

楠木「若気の至りでございます。昔、ヤンチャをしておりまして」(拳を頭にコツンとぶつけるポーズ)
秀作「え? その一言で済ませるつもり?」
楠木「弁解するわけではございませんが、法に触れるようなことには手を出しておりません」
秀作「なにそれ、おれへの当てつけのつもり?」
楠木「なにか法に触れるようなことをされたんですか?」

山形にある実家の温泉旅館を継ぎたくないがために、背中に刺青を入れた楠木。泰蔵(中村梅雀)やベテラン執事の小岩井(浅野和之)は、それを知っていて楠木を採用していた。経歴を調べても、怪しいところはない。

あわせて読みたい

  • もみ消して冬 ジャニーズドラマの役割

    もみ消して冬 ジャニーズドラマの役割

  • 「もみ消して冬」山田涼介の変顔を解析

    「もみ消して冬」山田涼介の変顔を解析

  • 最終回「あなそれ」徹底バカだった美都

    最終回「あなそれ」徹底バカだった美都

  • 最終回「セカムズ」大野智同棲を夢見る

    最終回「セカムズ」大野智同棲を夢見る

  • レビューの記事をもっと見る 2018年2月10日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~

    もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~

    「もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~」は日本テレビで放送されているホームドラマ。山田涼介が演じるエリート警察官、波瑠が演じる敏腕弁護士、小澤征悦が演じる心臓外科医のエリート3兄弟が家族にふりかかるトラブルを全力で解決していく。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース