review

「きみが心に棲みついた」向井理の怖さMAX8話「俺だけのために生きてくれよ」「逃げたいなら俺を殺せ」

吉岡里帆主演の火曜ドラマ『きみが心に棲みついた』。下着メーカーを舞台に、依存とハラスメントが渦巻くドロドロの三角関係を描く。

先週放送された第8話の視聴率は平昌五輪が終わったせいもあってか、7.9%と盛り返してみせた。このまま最終回に向けて視聴率を上げていけるだろうか? 
「きみが心に棲みついた」向井理の怖さMAX8話「俺だけのために生きてくれよ」「逃げたいなら俺を殺せ」
原作/天堂きりん

素直に謝れない生涯獲得彼氏ゼロ女


第7話で、星名(向井理)にかけられた“呪い”の象徴であるねじねじを吉崎(桐谷健太)に解いてもらって一夜を過ごした“キョドコ”こと今日子(吉岡里帆)。デートの最中、吉崎にネックレスをプレゼントされて幸せいっぱい。しかし、星名は会社での人事権をタテにして、今日子に嫌がらせを続ける。

「何、普通の人間装って恋愛してんだよ。キョドコのくせに……」
「やめてください」
「吉崎なんかにお前の過去は埋められない。あいつじゃ物足りないって感じるときが必ず来る。そのとき、お前が思い描くのは間違いなく俺だ」

車の中で星名にネックレスを壊されてしまった今日子は、吉崎を遠ざけるようになる。そんなの「間違って壊しちゃった。今、修理中なの。ゴメンネ」と言えばOKだと思うのだが、これまでの人生で彼氏ゼロ、親からも愛されたことのない今日子には思いも及ばなかったのだろう。

なお、天堂きりんの原作では星名は今日子のネックレスを奪って捨ててしまい、さらに首筋にキスマークをつけまくって吉崎に会えないようにしてしまう。かなり入念かつサディスティックだ。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年3月13日のレビュー記事
「「きみが心に棲みついた」向井理の怖さMAX8話「俺だけのために生きてくれよ」「逃げたいなら俺を殺せ」」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    >今日子は、もう一つの大きな“呪い”を振り払うことができるのだろうか?  そんなのありましたっけ?

    4
  • 匿名さん 通報

    >15:33 親の話だよ

    2
  • 匿名さん 通報

    向井理かっこいい

    1
  • 匿名さん 通報

    毎週、向井理に吸い込まれています。カッコいい。子供の頃も可愛い。向井理と結ばれて欲しい。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「北川景子」のニュース

次に読みたい関連記事「北川景子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュース

次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「高橋一生」のニュース

次に読みたい関連記事「高橋一生」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

きみが心に棲みついた

きみが心に棲みついた

ドラマ『きみが心に棲みついた』は、女性向けマンガ雑誌「FEEL YOUNG」で連載中の天堂きりんによるコミックが原作。吉岡里帆演じる主人公が桐谷健太と向井理が演じる対照的な魅力を持つ二人の男性の間で揺れ動くラブストーリー。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース