review

「きみが心に棲みついた」今夜最終回。吉岡里帆と向井理、母に捨てられた者同士の依存関係に決着はつくのか

吉岡里帆主演の火曜ドラマ『きみが心に棲みついた』。依存とハラスメントが渦巻く泥沼の三角関係ラブストーリーも、ついに今夜最終回。その前に先週放送された第9話を振り返ってみよう。
「きみが心に棲みついた」今夜最終回。吉岡里帆と向井理、母に捨てられた者同士の依存関係に決着はつくのか
原作

騎士の座から降りた吉崎


「言いたいことはちゃんと言わないと! 気持ちってのはちゃんとぶつけてやらないと、すぐにすれ違っちゃうものなんですから!」

今日子との関係に悩み始めた吉崎(桐谷健太)にスズキ次郎(ムロツヨシ)がバシッと言う。おお、カッコいい! そういえば、彼は自分の作品が実写化されるとき、ちゃんと自分の気持ちをぶつけていた。吉崎はスズキのアドバイスどおり、自分の疑問をストレートに今日子(吉岡里帆)にぶつけていく。

「関係ない、関係ないって、関係あるじゃん!」

吉崎の言うことはもっともだ。今日子は星名に絶縁を宣言したが、まだどこかでつながっている。

「嫉妬で頭がどうにかなりそうなんだよ!」

だが、こういうことを言う時点で、吉崎は今日子を闇から救う騎士の座を降りかけている。騎士が迷っていては、とうてい闇に囚われたお姫様を救い出すことはできない。吉崎の問いに対して、今日子は偽りなく答える。

「ずっと、離れたくても離れられなかったのは、星名さんが初めて私のことを受け入れてくれた人だったから」

母は今日子に冷たく当たり続ける虐待を続けていた。学校では酷いいじめが続いていた。今日子は子どもの頃から家にも学校にも居場所がなかった。余談だが、今日子の子ども時代を演じた成宮しずくが絶妙に吉岡里帆に似ており、高校生ルックの吉岡里帆のハマリ方も相まって、ものすごいシームレス感だった。

あわせて読みたい

  • 「きみ棲み」桐谷健太は愛の騎士だった

    「きみ棲み」桐谷健太は愛の騎士だった

  • 「きみ棲み」吉岡里帆がドラえもんに

    「きみ棲み」吉岡里帆がドラえもんに

  • 「きみ棲み」原作との決定的違いはアレ

    「きみ棲み」原作との決定的違いはアレ

  • きみ棲み 元ネタはあのベストセラーか

    きみ棲み 元ネタはあのベストセラーか

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2018年3月20日のレビュー記事
    「「きみが心に棲みついた」今夜最終回。吉岡里帆と向井理、母に捨てられた者同士の依存関係に決着はつくのか」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      これを書いた人、「的を得ている」ではなく、「的を射ている」ですよ。 書くことを生業としているのなら、正しい日本語を心がけてください。

      2
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「北川景子」のニュース

    次に読みたい関連記事「北川景子」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「高橋一生」のニュース

    次に読みたい関連記事「高橋一生」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュース

    次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    きみが心に棲みついた

    きみが心に棲みついた

    ドラマ『きみが心に棲みついた』は、女性向けマンガ雑誌「FEEL YOUNG」で連載中の天堂きりんによるコミックが原作。吉岡里帆演じる主人公が桐谷健太と向井理が演じる対照的な魅力を持つ二人の男性の間で揺れ動くラブストーリー。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース