連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第1週「生まれたい!」第4回4月6日(金)放送より。 
脚本:北川悦吏子 演出:田中健二
「半分、青い。」5話「川挟んで、名前大声で呼び合うとか、愛やないの?」
連続テレビ小説 半分、青い。 Part1 (NHKドラマ・ガイド) NHK出版

5話はこんな話


楡野鈴愛(矢崎由紗)は大きな川(三途の川)をわたる糸電話を成功させようと、律(高村佳偉人)に協力を求め、律は鈴愛の天敵・ブッチャー(大竹悠義)に声をかける。
鈴愛はもうひとり、衣料品店の娘・菜生(西澤愛菜)も誘う。

ひとは見かけによらない


鈴愛、律、ブッチャー、菜生 これで梟町の仲良し4人が揃った。

ブッチャーこと西園寺龍之介は、渡し船に乗るお金を調達するための「金づる」だった。
西園寺家は萩尾家以上のお金持ちらしく、お母さん富子(広岡由里子)は大きな外車に乗り、高価そうな犬を飼っている。
俺は友達が少ない。あいつくらいしか思い浮かばない・・・って、さみしい律くん。
でも、そんな彼に、英会話教室さぼってつきあってくれるブッチャーは、4話の初登場では感じ悪かったが、意外にいいやつのようで。
4話で、つくし食堂で注文を間違えてニラレバ炒めにされたお客さんが「ひとを見かけで判断しちゃいかん」と言っていた台詞が、そのままブッチャーに生きてきそうだ。

「ふぎょぎょ」は流行るか


朝ドラでたまに出てくる、決め台詞。
ドラマの舞台である地方独特の言葉や、作家の創意工夫による造語などが、頻繁に使用される。
「じぇじぇじぇ」(あまちゃん)「びっくりぽん」(あさが来た)はわりと浸透し、「なんかなんかな〜」(べっぴんさん)はネガティブなことを言いたいときに使えた。「どうしたもんじゃろのう」(とと姉ちゃん)はああ、そんなのあったっけって印象(あくまで個人的ですが)。狙うと滑るので、取扱い注意事項だ。