review

「半分、青い。」6話。最初の1週間、これはいい朝ドラのはじまりだ

連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第1週「生まれたい!」第4回4月7日(土)放送より。 
脚本:北川悦吏子 演出:田中健二
「半分、青い。」6話。最初の1週間、これはいい朝ドラのはじまりだ
「永野芽郁 in 半分、青い。」PHOTO BOOK
東京ニュース通信社
これまで、朝ドラがはじまる前は、NHK出版のムック本のみだったが、今回は、もう一冊書籍が出た。これも広報戦略の新たな挑戦だという。NHK のムックと比べて、鈴愛としてではなく永野芽郁としての撮り下ろし写真が多いが、鈴愛のときの表情との違いが明確で、俳優としてこんなにも変化できるのだとわかるのも興味深い。

6話はこんな話


鈴愛(矢崎由紗)の発案した糸電話の実験で川に落ちてしまった律(高村佳偉人)。
律の母・和子(原田知世)に怒られた翌朝、鈴愛はようやくその話をして母・晴(松雪泰子)を驚かせる。
そこへ和子が訊ねて来た。
「あんなかわいい顔して底知れんこわさがある」と晴は身構える。

ここがすてき1 チャレンジ精神


朝ドラのヒロインは、高いところに登るか、水に落ちることが多いが、「半分、青い。」はヒロインの相手役・律が川に落ち、ヒロインは彼を背負って走ることになった(スズメファイト!と連呼される劇伴つき:菅野祐悟)。これも、話題になった“主人公が胎児の頃からはじまった”ことに続く、新機軸。それでいて、女子が男子を背負うという痛快な表現はしっかり女の子を応援するドラマになっている。
伝統をリスペクトしつつ、新しいことも試してみる、新作歌舞伎みたいな感じがする朝ドラである。
朝ドラの伝統といえば、「家族」も大事なモチーフのひとつ。
「半分、青い。」はまず、家族をしっかり描いているところがいい。

ここがすてき2 あったかい家族


「半分、青い。」では主にふたつの家族が出てくる。
80年台の岐阜梟町に住む、主人公の楡野家と、相手役・律の萩尾家。ふたつは庶民と富裕層として対称的に描かれている。

あわせて読みたい

  • 「半分、青い。」やっぱり死者も大事

    「半分、青い。」やっぱり死者も大事

  • 「半分、青い。」佐藤健ナレの心地よさ

    「半分、青い。」佐藤健ナレの心地よさ

  • 「半分、青い。」かわいすぎる原田知世

    「半分、青い。」かわいすぎる原田知世

  • 「半分、青い。」生きる強い意思を描く

    「半分、青い。」生きる強い意思を描く

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2018年4月9日のレビュー記事
    「「半分、青い。」6話。最初の1週間、これはいい朝ドラのはじまりだ」の みんなの反応 2
    • 匿名 通報

      鈴愛と母親の布団でのシーンは、娘の成長を喜ぶ晴さんの言葉を聞いているうちに、母親なら誰もが、同じ気持ちになれるという懐かしくて心地良い瞬間でした。感情移入が出来るドラマっていいなぁ。

      15
    • 匿名さん 通報

      >食堂は、営業戦略のひとつとして漫画をたくさん置いていて、鈴愛はそれをよく読んでいたという設定なのだ。  食堂の味はあんまりと言っていたが、んなこと他人に言って大丈夫なの?と思いました。

      3
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

    次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

    次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    半分、青い。

    半分、青い。

    NHK「半分、青い。」レビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース