連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第6週「叫びたい!」第33回5月9日(水)放送より。 
脚本:北川悦吏子 演出:田中健二

33話はこんな話


上京前夜、晴(松雪泰子)の布団に潜り込んで語らって、鈴愛(永野芽郁)はいよいよ東京に向かう。

これは・・・愛や


子どものとき、怖い夢を見ると母の布団に潜り込んでいた鈴愛。
それをダシに使って母との別れの時間を過ごす。
赤ちゃんのときに手をきゅっと握ったのは「原始反射」で、
いま握っているのが「これは・・・愛や」という鈴愛。

子どものときは、お父さん(宇太郎)が「ワニ〜」と言って割り込んで来たけれど、今夜は母娘ワニいらずならぬ水いらずにしてくれる。
親子三人でわちゃわちゃしないことで、娘が大人になったことを感じる。
ワニの出番がなく寝たふりしている(?)滝藤賢一は、どんな気持ちであの場面にいただろう。
あと、小さい布団に収まっていられる松雪泰子と永野芽郁が細さを痛感した。

何度もレビューで書いているが、「半分、青い。」が素敵なのは、家族固有の共通言語を作っていること。
「マグマ大使」への愛着しかり、布団が船で布団から出たらワニが出るという、楡野親子が創作した物語しかり。
ドラマの中に頻繁に出てくるメジャーな流行りものよりも、こういう、自分たちにしかわからない愛するものがやさしくキラキラ光って見える。だから、ドラマを見ていると、すっかり忘れていた、自分の子ども時代の家の様子が浮かんでくる。