review

「銀河英雄伝説」武人の心で道連れを強制する大将ってヤダ7話

「怒気あって真の勇気なき小人め、語るにたらん」
罠だと進言するもゼークト大将に怒鳴られてしまったオーベルシュタインのつぶやきだ。

というわけで、『銀河英雄伝説 Die Neue These』(→公式)第七話「イゼルローン攻略(後編)」。
新装版も刊行開始『銀河英雄伝説 1 黎明篇』(マッグガーデンノベルズ版)。

イゼルローン攻略を、一話かけてじっくり描いたアニメ版。
原作では、イゼルローン攻略そのものは、4ページちょいぐらいで、けっこうあっさりなんである。
「銀河英雄伝説」武人の心で道連れを強制する大将ってヤダ7話

刺青が見つかって「あわや」っていうシーンも、ヤン+シェーンコップ+フレデリカが作戦会議するシーンも、ない。
IDカードをチェックするくだりも、ない。
原作では、“「IDカードまでちゃんと偽造して来たのに、調べもせんのだからな……どんな厳重なシステムも、運用する人間しだいという、いい教訓だ」”ですんでしまう。
じっちゃんの形見の万年筆のくだりも、アニメ版の追加要素だ。

今回は、盛ったなー。
いままでは、原作で時系列が飛んでいるシーンを整理して、時系列順にして、ストレートに進行させていたアニメ版。
3つの時間列が入り乱れる構成になった。
イゼルローン攻略が進行しているなかに、シェーンコップの回想と、作戦会議シーンが挿入される。

アニメ版では、シェーンコップが裏切るかもしれないという疑念も繰り返し表明され、「信じることで筋を通すさ」「信じるといった男に筋を通さんとならんのでな」...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年5月17日のレビュー記事
「「銀河英雄伝説」武人の心で道連れを強制する大将ってヤダ7話」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    スペルの追求する子。ヤンはそもそも作者の中華歴史傾倒趣味まるだしの中華系のキャラで。そもラテン語・英語圏の名前じゃないんだが。いうなれば先人、孔明の威光を駆る軍師()なんだよ。

    1
  • 匿名さん 通報

    乗っ取られたら自爆装置や起動するとかのセキュリティもなし。ザルすぎる。

    0
  • 匿名さん 通報

    「ヤン」のスペルがYANGなのは中国輸出を意識してるの?ゲルマンならJANでは?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

銀河英雄伝説Die Neue These

銀河英雄伝説Die Neue These

著・田中芳樹による小説『銀河英雄伝説』が原作の宇宙戦争SFアニメ。1988年にアニメ化されて以降、本編110話、外伝52話、劇場版3作が製作されており、根強い人気を誇る。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース