review

「銀河英雄伝説」ラインハルトがキルヒアイスの赤毛を触りまくる萌えシーン原作では

「ジークフリード・キルヒアイス少将、カストロプ星系に出征し動乱をおさめてくるんだ」
というわけで、『銀河英雄伝説 Die Neue These』(→公式)第八話「カストロプ動乱」。
新装版も刊行開始『銀河英雄伝説 1 黎明篇』(マッグガーデンノベルズ版)。
「銀河英雄伝説」ラインハルトがキルヒアイスの赤毛を触りまくる萌えシーン原作では

あっというまにカストロプ動乱をおさめ、オーベルシュタインが、ラインハルトの参謀役につき、ラインハルトがキルヒアイスの髪をいちゃいちゃする回である。

キルヒアイスによるカストロプ動乱の鎮定。
これ、原作では、セリフはひとこともない数行の説明なんである。
アニメ版では、きっちり艦隊戦が描かれ、カストロプ公がばんばん部下を殴り倒すバカキャラになって大暴れした(そして、散っていった)。

ラインハルトとオーベルシュタインの対話シーン。
こちらは、ほぼ原作どおり。
このシーンのやりとりで、オーベルシュタインの大胆さと冷徹さ、目的のためには何であろうがやってしまう陰謀策略家っぷりと暗い情熱が描き出される。
「よかろう、卿を貴族どもから買う」という原作にあるセリフは省略された(アニメ版、最後のモノゴトを決定したセリフは言わせないパタン多い)。

ラインハルトとキルヒアイスが、ふたりで語り合うシーン。
シリアスな話のあいだに、ラインハルトが少し背の高いキルヒアイスに近づいて、その赤毛を触る。
なんですか、この萌え萌えシーンは!
アニメ版の美形キャラっぷりとの相乗効果で、きゃーきゃーシーンになっており、思わず「こんなの原作にあったっけ!?」となってしまったが、ある。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年5月24日のレビュー記事
「「銀河英雄伝説」ラインハルトがキルヒアイスの赤毛を触りまくる萌えシーン原作では」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    八話まで見た感想としては、原作厨は楽しんでるのかもしれないけど、旧作好きとしては なんか雑な感じ、盛り上がらないのはなんでだ????

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

銀河英雄伝説Die Neue These

銀河英雄伝説Die Neue These

著・田中芳樹による小説『銀河英雄伝説』が原作の宇宙戦争SFアニメ。1988年にアニメ化されて以降、本編110話、外伝52話、劇場版3作が製作されており、根強い人気を誇る。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース