review

総合点でこれでしょう! だけど断然好きな作品は別。書評家・杉江松恋が第159回直木賞をズバリ予想する

第159回直木賞の受賞作を以下の通り予想する。
直木賞:窪美澄『じっと手を見る』(幻冬舎)
候補作について、それぞれ内容を紹介しておきたい。取り上げた順番は筆者の好みである。
芥川賞編はこちら

第二次世界大戦下の上海が舞台の細菌小説


候補になった6作で断然好みだったのが上田早夕里『破滅の王』(双葉社)だ。歴史上の事件を背景にとった物語の規模、主題が到達しうる半径の広さ、登場人物たちが巻き込まれていく運命の描き方など、本作に比肩するものは今回の候補作にはなかったように思う。本年の必読作の一つだ。
総合点でこれでしょう! だけど断然好きな作品は別。書評家・杉江松恋が第159回直木賞をズバリ予想する

物語は1943年の上海から始まる。主人公の宮本敏明は日本・中華民国が対等な立場で設立した上海自然科学研究所で細菌学を専門にする学者だ。その彼が大使館附武官の灰塚少佐から断片的に発見された論文を解読せよとの密命を受ける。それは「キング」と呼ばれる未知の細菌兵器に関するものであった。宮本は「キング」の予防薬製造を目指すが、そのためには細菌兵器を完成させなければならず、彼は葛藤を抱える。さらに一連の事態の背後には関東軍の影があり、危険な立場にも追い込まれるのである。

科学の軍事利用が中心の話題だから戦争小説の範疇に入り、未知の細菌との闘いを描いた医療小説とも読める。軍と研究施設の間で板挟みになる主人公が陥ることになる危機を描いた冒険小説であるのはもちろん、先の戦争において生み出された悲劇的状況を描いた作品でもある。読みどころはいくつもあるが、特に医療小説として読めば普遍的な主題が浮かび上がってくる仕掛けになっている。前半は宮本を中心とする人間関係の網目がじわじわと狭まって来る展開で、英米の諜報スリラーを思わせる。読みなれない方にはやや重く感じるかもしれないが、後半を加速させるために必要なのでぜひじっくり読んでいただきたい。直木賞では戦争小説になると急に一言多くなる方が多いし、選考委員の一部には苦手な方がいるタイプの作品だから受賞は難しいかもしれないが、おもしろいことは絶対保証するので、みなさんはぜひ読んでもらいたい。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年7月18日のレビュー記事
「総合点でこれでしょう! だけど断然好きな作品は別。書評家・杉江松恋が第159回直木賞をズバリ予想する」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    島本理生『ファーストラヴ』に一票。

    0
  • 半分白目 通報

    エキレビ様 ドラマの感想ばかりではなく、このような力の入った書評を、もっと読ませてください。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「芥川賞」のニュース

次に読みたい関連記事「芥川賞」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース