PENICILLIN千聖&ZIGGY森重樹一 初対談 「みんなが楽しめるのがロックンロール」<前編>

 
PENICILLIN千聖&ZIGGY森重樹一 初対談 「みんなが楽しめるのがロックンロール」<前編>
撮影/コザイリサ

真ん中に投げれる球を持っていながら、守備範囲は広くしようって考えている人とやるほうが音楽は楽しい。刺激的だしね(森重樹一)


自分の中で決めちゃうと、その時点で狭まっちゃうから、おもしろくないんですよね(千聖)



2017年8月の千聖ソロデビュー20周年記念イベントへ出演してもらったことをきっかけに、今では食事にもよく出掛ける間柄のPENICILLINの千聖とZIGGYの森重樹一。一緒に曲を作ろうという話もよくしていたというが、それがついに実現した。6月6日にリリースされた千聖(ソロ)とCrack6(千聖によるソロプロジェクト)によるスプリットシングル『ジキルの空/MAD RIDER』に収録されたボーナストラック「MONSTERS OF ROCK NIGHT SHOW!」は、ZIGGYの森重樹一が作詞を担当、ボーカリストの一人としてレコーディングにも参加。8月10日には恵比寿LIQUIDROOMで千聖とZIGGYの2マンライブも予定している。そんな二人による、初の対談をお届けしよう。
(取材・文/長谷川幸信)


――6月6日発売の千聖とCrack6のスプリットシングルで、ボーナストラックの「MONSTERS OF ROCK NIGHT SHOW!」の作詞を手掛け、ヴォーカルの一人としても参加しているのが森重樹一さんです。

千聖:コラボレーションですね。僕は森重さんのことは随分前から存じていて……、って僕が高校生ぐらいのときからですよ(笑)。それで昨年、千聖のソロ活動始動20周年記念で『MONSTERS OF ROCK NIGHT SHOW!』という主催イベントをやったとき、森重さんに特別ゲストで登場していただいたんですね。いろんなバンドが出てくれて、最後に森重さんが出てくるというラスボスみたいな感じで(笑)。イベントも、おかげさまで盛り上がって。自分が高校生のときにやってた曲を、森重さんと一緒に演奏もさせてもらったし。まさかご本人と一緒にできるなんて思ってなかったから(笑)。

――モノマネ番組における、ご本人登場みたいなサプライズ感ですよね(笑)。

千聖:それに近い状態(笑)。森重さんが一緒にZIGGYの「EASTSIDE WESTSIDE」をやってくれるってだけで、高校生のときの自分に言ってあげたい気分でした。なにしろ高校の文化祭でやった曲だから。その後、自分の誕生日パーティにも来てくださったし。

森重:そうそう(笑)。

千聖:横浜に同級生がオーナーをやっている店があって、僕の誕生会をそこでやることになったんです。それで森重さんをお誘いして。断られるかと思ったら、まさかの“いいよ”って返事で(笑)。

森重:楽しかったよね。

千聖:あと忘年会も一緒にやって(笑)。音楽がきっかけなんですけど、イベント以降は食事ばっかりで(笑)。

森重:芝居も一緒に観に行かせてもらったじゃない。

千聖:ああ、そうだ! 高嶋政宏さんのお芝居に。最近、高嶋さんとも仲良くさせていただいてるので「森重さんと一緒に観に行く」って事前に伝えたら、高嶋さんも相当驚いて(笑)。

森重:だからイベントに誘ってもらってから、いろんなプロセスがあって、今回のコラボレーションの話があってという。

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年7月26日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース