review

「ハゲタカ」綾野剛の決めゼリフが「半沢直樹」に似ている…2話を検証する

「社宅の寝室のベッドは、フランス製だっ!!」
これは、テレビ朝日の木曜ドラマ「ハゲタカ」(夜9時〜)の主人公・鷲津政彦(綾野剛)が、先週放送の第2話のクライマックスで、ベッドメーカー社長の中森瑞恵(かたせ梨乃)に向かって叫んだ言葉だ。ベッドメーカーの社長が自分の家(社宅)では、自社製品ではなく海外製品を使っていると暴露されたのだから、たまったものではない。
「ハゲタカ」綾野剛の決めゼリフが「半沢直樹」に似ている…2話を検証する
イラスト/Morimori no moRi

三葉銀行・飯島、4年かけて鷲津に復讐を仕掛ける


鷲津が代表を務める外資系投資ファンド「ホライズンジャパン・パートナーズ」が、前回、三葉銀行から有利な立場で不良債権の一括買い取り(いわゆるバルクセール)に成功して4年が経ち、時は2001年。さまざまな手段を駆使しながら企業買収を続けるなか、彼が新たに目をつけたのが、先述の中森が経営する「太陽ベッド」だった。太陽ベッドは、社長の私邸が「社宅」と称されたように経営者一族の公私混同がまかり通り、その浪費と乱脈経営によって莫大な債務を抱えていた(ちなみにこのとき鷲津のターゲットになる会社は、原作小説では菓子メーカー、2007年放送のNHK版「ハゲタカ」では玩具メーカーだった。いずれも同族経営で、社長を女性が務めている点に変わりはない)。

しかし、鷲津は、栃木にある太陽ベッドの工場にまで足を運び、製品チェックの徹底ぶりを目にし、また工場長の名高(北見敏之)から、中森の父である創業者が、会社成長の立役者となったベビーベッドをいかに試行錯誤しながら開発したかを聞いて、このメーカーのポテンシャルに確信を得た。だが、再建には経営陣を一掃せねばならない。そのため、鷲津はあの手この手を使ってゆさぶりをかける。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「ハゲタカ」綾野剛の決めゼリフが「半沢直樹」に似ている…2話を検証する」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    予告編見ただけで連想できましたがドラマみてません、綾野剛の松平容保役(八重の桜)における苦悩満ちた演技はよかったづら。

    1
  • 匿名さん 通報

    なげえよ…(途中から読んでない)

    0
  • 匿名さん 通報

    「ハゲタカ」

    0
  • 匿名さん 通報

    憲法九条は、不平等条約。支那、韓国から国土を侵略されている認識のない人間が痴呆を言う。相手が国家なら何も反撃できないのが九条だ。だから沖縄が侵略を受け北朝鮮による拉致が解決しない。それが狙いのパヨク。

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

ハゲタカ

「ハゲタカ」レビュー記事一覧

2018年8月2日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。