「社宅の寝室のベッドは、フランス製だっ!!」
これは、テレビ朝日の木曜ドラマ「ハゲタカ」(夜9時〜)の主人公・鷲津政彦(綾野剛)が、先週放送の第2話のクライマックスで、ベッドメーカー社長の中森瑞恵(かたせ梨乃)に向かって叫んだ言葉だ。ベッドメーカーの社長が自分の家(社宅)では、自社製品ではなく海外製品を使っていると暴露されたのだから、たまったものではない。
「ハゲタカ」綾野剛の決めゼリフが「半沢直樹」に似ている…2話を検証する
イラスト/Morimori no moRi

三葉銀行・飯島、4年かけて鷲津に復讐を仕掛ける


鷲津が代表を務める外資系投資ファンド「ホライズンジャパン・パートナーズ」が、前回、三葉銀行から有利な立場で不良債権の一括買い取り(いわゆるバルクセール)に成功して4年が経ち、時は2001年。さまざまな手段を駆使しながら企業買収を続けるなか、彼が新たに目をつけたのが、先述の中森が経営する「太陽ベッド」だった。太陽ベッドは、社長の私邸が「社宅」と称されたように経営者一族の公私混同がまかり通り、その浪費と乱脈経営によって莫大な債務を抱えていた(ちなみにこのとき鷲津のターゲットになる会社は、原作小説では菓子メーカー、2007年放送のNHK版「ハゲタカ」では玩具メーカーだった。いずれも同族経営で、社長を女性が務めている点に変わりはない)。

しかし、鷲津は、栃木にある太陽ベッドの工場にまで足を運び、製品チェックの徹底ぶりを目にし、また工場長の名高(北見敏之)から、中森の父である創業者が、会社成長の立役者となったベビーベッドをいかに試行錯誤しながら開発したかを聞いて、このメーカーのポテンシャルに確信を得た。だが、再建には経営陣を一掃せねばならない。そのため、鷲津はあの手この手を使ってゆさぶりをかける。