テレ東の贈るビジネスドラマ枠「ドラマBiz」第2弾『ラストチャンス 再生請負人』(テレビ東京・月曜22:00〜)第3話。

務めていた銀行が吸収合併され、再就職した会社もボロボロ……。「人生、七味とうがらし」(うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみ)がバッサバッサと降りかかりまくっている樫村徹夫(仲村トオル)。

この樫村が、バカな社長や取引先、銀行などにいやがらせをされつつも、そのうち倍返ししする『半沢直樹』系のドラマかなと思っていた本作だが、樫村がサクッと社長に就任。

潰れかけの会社を倍返ししつつ建て直していく『下町ロケット』系のドラマでしたか。
「ラストチャンス 再生請負人」ビジネスドラマあるある連発、いっそ香川照之にも登場してもらいたい3話
イラストと文/北村ヂン

『北京原人』本田博太郎に夢中!


「デリシャス・フーズ」の前社長・結城が資金繰りに困りまくった結果、「出店しなかったら、一定期間の後、返金する」という裏約束をつけてフランチャイズ権を売りまくり、その場しのぎの金を手に入れていたことが発覚した。

将来的に返金しなくてはならない「含み損」は130億円以上。

このことを知った社長の大友(本田博太郎)は激昂。ダチョウ倶楽部ばりに「聞いてないよ〜!」を連発し、社長を辞めると言い出した。

こんな社長実際にいたら災難でしかないが(いそうだけど)、ドラマ内では輝いている!

130億にビックリ→社長辞めるというくだりの、本田博太郎によるザ・ボンクラな社長の演技がホントに最高だ。

「ボクは辞めるよ〜。緊急取締役会を招集してくれるぅ?」