review

31年ぶりの新刊発売『究極超人あ~る』とは一体何だったのか

ゆうきまさみ『究極超人あ~る』の実に31年ぶりの新刊となるコミックス10巻が8月10日に発売された(通常版と豪華BOXセットの2種同時発売)。2010年代に入ってから折にふれて描かれてきた短編を1冊にまとめたものだ。
31年ぶりの新刊発売『究極超人あ~る』とは一体何だったのか

まず、「31年ぶり」という数字がすごい。『あ~る』の連載が行われたのは1985年から87年にかけてのこと。1985年の31年前といえば『赤胴鈴之助』が人気を博していたりした時代である。

今回の『あ~る』のケースは2015年に18年ぶりの新刊が出た『孤独のグルメ』に近い。ただ、『孤独のグルメ』はドラマ化されてブームになったが、『あ~る』の場合は特に表立った動きもなく、コツコツと短編が発表されてきた。昨年、萩尾望都の名作『ポーの一族』の40年ぶり(!)の新刊が刊行されたが、『あ~る』も『ポーの一族』と同様に根強いカルト的な人気があるマンガと言うことができるだろう。

「文化部日常系マンガ」のルーツ


新刊である10巻の帯には「文化部日常系マンガのジャンルを切り拓いた名作」と書かれている。非常にわかりやすい説明だと思う。

ストーリーは春風高校の光画部(いわゆる写真部)に迷い込んできたアンドロイド、R・田中一郎と個性的な部員とOBたちが巻き起こす数々の騒動を描くというもの。学園コメディマンガではあるが、アクの強いギャグは少なく、ちょっとおかしな文化系クラブの日常生活を描くことに重点が置かれている。撮影旅行に行ったり、野球をしたり、学園祭で騒いだりと、日常的なイベントがメインなのだ(その中に非日常的な要素がぶちこまれているのだが)。10巻のお話もまったくその延長線上にあり、生徒会長選挙に乱入したり、部長選挙を行ったりと、相も変わらずの騒動を繰り広げている。ちなみに舞台は1987年のままだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「31年ぶりの新刊発売『究極超人あ~る』とは一体何だったのか」の みんなの反応 3
  • とおりすがり 通報

    文中に「1985年の30年前は」赤胴鈴之助が人気があった、とあるので間違いではないかと。

    2
  • 匿名さん 通報

    あべあ~る

    0
  • ちょっと待って笑 通報

    赤胴鈴之助が人気を博していた時代って…。 更に30年ほど遡るのでは⁉︎ いくらなんでも時代が違すぎるでしょ笑

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年8月25日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。