review

「ハゲタカ」綾野剛が内閣総理大臣を動かしたやり口がエグい6話

テレビ朝日の木曜ドラマ「ハゲタカ」(夜9時〜)は、先週放送の第6話で、電機メーカー「あけぼの」の買収劇を描く第2部が完結した。
「ハゲタカ」綾野剛が内閣総理大臣を動かしたやり口がエグい6話
イラスト/Morimori no moRi

ついに総理大臣まで登場


何としてでもあけぼのを手に入れたいPCメーカー「ファインTD」社長の滝本(高嶋政伸)は、あけぼのの会長・新見(竜雷太)を取り込む。これに対し、主人公・鷲津政彦(綾野剛)率いるサムライファンドは、あけぼのに対するTOB(株式公開買い付け)を発表していた。

第6話の冒頭では、いきなり滝本が鷲津に土下座するシーンから始まった。早くも敗北宣言かと思えば、あけぼのを譲ってほしいという泣き落とし作戦であった。これが効かないとなると、今度は屏風の裏に隠していた札束の山を見せて、現ナマ攻勢に出るが、鷲津はそれが罠だと見抜く(案の定、隠しカメラで盗撮されていた)。やけになった滝本は、札びらをばら撒く乱心ぶり。高嶋政伸のエキセントリックな演技がここぞとばかりに繰り広げられる。「滝本社長、愉快な余興をありがとうございました」と、視聴者の気持ちを鷲津が代弁してくれた。

このあと、滝本はマスコミを使って大がかりな鷲津バッシングを展開する。これに対抗すべくテレビ番組に出演した鷲津は、テレ朝の大下容子アナ(本人)のインタビューに対し、ファインのバックにはアメリカの軍産ファンドの「プラザ・グループ」がついていることを暴露。世間は騒然となる。

鷲津の暴露をきっかけに、プラザは表立ってあけぼのにTOBを仕掛ける。圧倒的な資金力を前に、鷲津たちは苦戦。だが、彼は切り札を用意していた。それは、FBI(アメリカ連邦捜査局)がプラザに対し何かを察知して動いているとの情報だ。鷲津は部下たちにその裏を取るよう命じる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「ハゲタカ」綾野剛が内閣総理大臣を動かしたやり口がエグい6話」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    現実社会では、あへ総理が一番エグい。

    1
  • 匿名さん 通報

    三菱重工の安倍の弟のデフォルメか?経済制裁対象かね?パールハーバー

    1
  • 匿名さん 通報

    CCW違反は経済制裁が基本だからな

    1
  • 匿名さん 通報

    イラン原油やってるんだろ?

    1
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

ハゲタカ

「ハゲタカ」レビュー記事一覧

2018年8月30日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。