review

綾野剛「ハゲタカ」最終回「おまえに地獄を見せたる」小林薫の捨て台詞に続編の予感

綾野剛「ハゲタカ」最終回「おまえに地獄を見せたる」小林薫の捨て台詞に続編の予感
イラスト/Morimori no moRi
アジア各国の重工業メーカーの責任者が集まる「アジア重工業連合会議」が6日、日光みやびホテル(栃木県日光市)にて開催された。その冒頭、会議を主催する帝都重工の真壁達臣会長が挨拶を行なっている最中、同社の鷲津政彦社長が会社上層部の不正を暴露し、議場は一時騒然となった。

鷲津社長が告発したのは、折から同社で問題となっていた品質データ改ざん。真壁会長はこれまで、上層部はデータ改ざんについて関知していなかったと説明してきたが、これに対し鷲津社長は、改ざんは上層部の指示で長年行われ、現在も継続しているとする調査結果を報告した。

この日の会議に鷲津社長は欠席の予定であった。しかし開幕と同時に、議場が急に暗転したかと思うと、同社長はまず音声だけで登場し、スクリーン上に証拠を示しながら改ざんを告発。その後、議場に現れると、真壁会長と言い争いとなった。同会長は「日本をめちゃくちゃにした戦犯」などと鷲津社長を激しく非難したが、社長はまったく意に介さず、「戦犯で結構。しょせん私はハゲタカだ」と言い残すとそのまま退出した。

鷲津氏は、外資系ファンド出身という異色の経歴ながら、日本ルネッサンス機構の飯島亮介会長の後押しもあり、先月、帝都重工の社長に就任したばかり。就任会見では「30日以内に革命を起こす」と宣言し、その方策が注目されていた。

今回の不正発覚により帝都重工の株価は大きく下落。日本経済の屋台骨を支えてきた老舗企業だけに、市場は混乱の様相を呈している。真壁会長以下、同社幹部の総退陣は必至と見られる。一方、告発した鷲津社長はホテルを出たあと行方をくらまし、関係者によれば、7日朝になっても連絡がとれていないという。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「綾野剛「ハゲタカ」最終回「おまえに地獄を見せたる」小林薫の捨て台詞に続編の予感」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    綾野剛はヤクザにしか見えなかった。小林薫は「ナニワ金融道」だし〜。

    6
  • 匿名さん 通報

    同じ原作でも作り手の意識、力量でこんなにもドラマって変わるんだ、と思った。買収に関わる人の辛さや大変さが驚くほど希薄で、いい形で収まった時の感動も欠落していた。別物になったと言っても駄作。

    4
  • 匿名さん 通報

    NHK版の方が良いかな。綾野剛が軽すぎる。たまにヒステリーかと思うときがある。

    4
  • 匿名さん 通報

    熱くて良いドラマでした 続編やってほしいですね

    3
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

ハゲタカ

「ハゲタカ」レビュー記事一覧

2018年9月7日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。