review

「ハゲタカ」最終回を前に綾野剛が吼える叩くガラス割る「壊して羽ばたけ!」7話

テレビ朝日の10月期の木曜ドラマ(夜9時〜)は、「リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜」と題し、米倉涼子が資格を剥奪された元弁護士を演じると、先ごろ発表があった。ちなみに「小鳥遊」は「たかなし」と読む。かなりの難読姓だが、小鳥が遊ぶには敵となる鷹がいないほうがいい、つまり鷹無=タカナシがその由来だという(えい(木偏に世)出版社HPより)。

それにしても、現在放送中の「ハゲタカ」の後番組の主人公の名が“タカナシ”とはちょっとできすぎではないか。「ハゲタカ」で綾野剛演じる鷲津政彦が、大空を自由に飛び回るイヌワシに自らの姿を投影するように、「リーガルV」の小鳥遊翔子も、きっと自由奔放に世間を羽ばたくことになるのだろう。

「ハゲタカ」は今夜ついに最終回を迎える。先週放送の第7話では、鷲津が経済セミナーでの講演中、これからの10年でチャンスをつかむための精神として「Scrap & Build」という語をとりあげるが、日本では既存の体制を壊しても、そのあとには結局また既得権者に都合のいい体制がつくられるだけだと批判。そのうえで、BuildをBirdと書き換え、「Scrap & Bird」、すなわち壊して羽ばたくことこそ必要と訴えていた。まさに鷲津の生き方そのものといえる。
「ハゲタカ」最終回を前に綾野剛が吼える叩くガラス割る「壊して羽ばたけ!」7話
イラスト/Morimori no moRi

鷲津と飯島のバトルがいよいよ最終決戦へ


前回から8年の歳月が流れ、2018年、平成最後の夏を迎えた第7話。物語はようやく第1話の冒頭で描かれた場面に戻ってきた。経協連(経済協力連合会。現実世界における経団連的な組織)会長の西澤(山本學)に呼び出された芝野健夫(渡部篤郎)は、データ改竄の発覚で窮地に陥った帝都重工の再建を託される。電機メーカー「あけぼの」の再建に成功して以来、企業再生のスペシャリストとして認められた芝野だが、日本経済の根幹を担う大企業の再生は自分一人だけの手では無理だとして、サムライファンド代表の鷲津に協力を仰いだ。

あわせて読みたい

  • 「ハゲタカ」綾野剛宣戦布告で今夜6話

    「ハゲタカ」綾野剛宣戦布告で今夜6話

  • 「ハゲタカ」半沢直樹から真田丸へ

    「ハゲタカ」半沢直樹から真田丸へ

  • 「ハゲタカ」もう第1部完結、大丈夫か

    「ハゲタカ」もう第1部完結、大丈夫か

  • 「ハゲタカ」半沢直樹に似てる決め台詞

    「ハゲタカ」半沢直樹に似てる決め台詞

  • レビューの記事をもっと見る 2018年9月6日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    ハゲタカ

    「ハゲタカ」レビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら