9月21日(金)から全国で公開中の映画『若おかみは小学生!』。全20巻にもおよぶ令丈ヒロ子の人気児童文学シリーズを原作に、『茄子 アンダルシアの夏』などで知られる高坂希太郎監督を中心とした実力派スタッフやキャストが一人の少女の成長を描く90分の長編アニメーションとして作りあげた。

エキレビ!の高坂希太郎監督インタビュー後編では、ラストシーンまでのストーリーにも触れながら(原作のラストについても言及)、本作オリジナルキャラで物語のキーマンでもある木瀬文太が生まれた理由なども明かしてもらった。

(ネタバレ無しの前編はこちら
映画「若おかみは小学生!」高坂監督「この子だったら許せるなと思ってもらえるように」
ユーレイのウリ坊は、おっこの祖母の関峰子が子供の頃の友達。引っ越しで峰子と離れ離れになった後、事故で死んでしまった。回想シーンに登場する少女時代の峰子もお転婆で非常に魅力的。花澤香菜が演じている

登場するお客さんには、ある種、通底しているものがある


──主人公おっこのライバル的な立ち位置の秋野真月は、どのようなキャラクターとして捉えていますか?

高坂 おっこは勉強があまり得意ではなくて、ちょっと地味だけど、都会育ち。真月は勉強が得意で、派手で、花の湯温泉の象徴として位置づけられている。そんなキャラクターですし、おっことは正反対の存在。最初は都会から来るおっこを簡単には受け入れないけれど、徐々におっこが花の湯温泉のことを理解して馴染んでいくことによって、二人の距離もだんだん縮まっていくという展開にしました。

──真月は、おっこに対してかなりきつい物言いもしますが、ギリギリ嫌な子には見えないのは絶妙のバランスだと思いました。

高坂 そこも原作の一つのテイストだと思ったので、「この子だったら許せるな」と思ってもらえるように、セリフなどはかなり気をつかって考えました。

この記事の画像

「映画「若おかみは小学生!」高坂監督「この子だったら許せるなと思ってもらえるように」」の画像1 「映画「若おかみは小学生!」高坂監督「この子だったら許せるなと思ってもらえるように」」の画像2 「映画「若おかみは小学生!」高坂監督「この子だったら許せるなと思ってもらえるように」」の画像3 「映画「若おかみは小学生!」高坂監督「この子だったら許せるなと思ってもらえるように」」の画像4
「映画「若おかみは小学生!」高坂監督「この子だったら許せるなと思ってもらえるように」」の画像5