review

山口紗弥加「ブラックスキャンダル」がぶっ込みまくる時事ネタ。MeToo、日大アメフト部、鶴太郎ヨガ…

『ブラックリベンジ』から、もう一年が経つのか。

10月4日より『ブラックスキャンダル』(日本テレビ系)がスタートした。(関連)
山口紗弥加「ブラックスキャンダル」がぶっ込みまくる時事ネタ。MeToo、日大アメフト部、鶴太郎ヨガ…
『月刊山口紗弥加』新潮社

仕組まれた嘘のスキャンダルで芸能界を引退した女優が顔と声を変えて復讐する内容である。

このドラマが、昨年10〜12月に放送された『ブラックリベンジ』の延長線上にあることは明らか。両者の共通点は多い。
・「週刊星流」という週刊誌が登場する。
・捏造されたスキャンダルで主人公の身内が自殺した。
・スキャンダルが捏造された5年後に復讐が始まる。
・公式ホームページへ訪問するとフラッシュが焚かれる。
・木曜深夜のプラチナイト枠。

ただ、ちょっとした差異はある。『ブラックリベンジ』の主人公・今宮沙織(木村多江)が勤務していたのは「週刊星流」編集部だった。週刊誌編集部が舞台だったのだ。打って変わり、今回の舞台は芸能事務所。あと、前作で自殺したのは主人公の夫で、今作で自殺したのは母親という違いもある。『ブラックリベンジ』の監修は元週刊文春のエース記者・中村竜太郎が務めたが、『ブラックスキャンダル』のアドバイザーは芸能リポーター・井上公造が運営する株式会社KOZOクリエイターズだ。
変わらない点といえば、『ブラックスキャンダル』は『ブラックリベンジ』に続いて佐藤友治が脚本を担当している。

ベッキーのような衣装、主題歌はゲス極


とにかく、初回から小ネタが満載なのだ。

人気女優・藤崎紗羅(松本まりか)は、突如、根も葉もない嘘の不倫スキャンダルを報じられる。記事の見出しは

あわせて読みたい

  • 「バイプレイヤーズ」下半身ネタ全開

    「バイプレイヤーズ」下半身ネタ全開

  • 「海月姫」これはよい原作アレンジだ

    「海月姫」これはよい原作アレンジだ

  • 真野ちゃんは正しい「とと姉ちゃん」

    真野ちゃんは正しい「とと姉ちゃん」

  • もし「文春」からタンマ君が消えたら

    もし「文春」からタンマ君が消えたら

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2018年10月11日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    ブラックスキャンダル

    ブラックスキャンダルのレビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース