review

「ブラックスキャンダル」2世と薬物テーマで連想する事件。山口紗弥加はドキュメンタリーのつもりだ2話

10月よりスタートしたり『ブラックスキャンダル』(日本テレビ系)。仕組まれた嘘のスキャンダルで芸能界を引退した女優が顔と声を変えて復讐するドラマだが、復讐劇と同時に“芸能界の闇”へ切り込む内容にもなっている。(関連)
「ブラックスキャンダル」2世と薬物テーマで連想する事件。山口紗弥加はドキュメンタリーのつもりだ2話
『月刊山口紗弥加』新潮社

第1話が扱ったのは「枕営業」で、10月11日の第2話が取り上げたのは「薬物」。しかも、それに「2世」を絡ませているからイケイケだ。

俳優の棚城健二郎(波岡一喜)は5年前、ありもしない藤崎紗羅(松本まりか)との不倫関係を認め、紗羅を地獄の底に突き落とした男。現場で横柄なふるまいを見せる健二郎に対し、その父である棚城正則(山下真司)は「芸能界のお父さん」と呼ばれるほど好感度の高い俳優だ。
健二郎はドラマで共演する阿久津唯菜(松井玲奈)と芸能事務所マネージャー・矢神亜梨沙(山口紗弥加)を馴染みの会員制バーへ誘った。健二郎は店内でカバンから覚醒剤と思われる小袋と吸引器具を取り出した。

「2世俳優」と「薬物」のセット。どうしたって、三田佳子の次男・高橋祐也を連想せずにいられない。どうやら今作、実際にあった芸能ネタを毎週モチーフにしていくようだ。グイグイ行く。

2世の甘さを責める山口紗弥加がガチ


薬物は論外だが、お酒も人の脇を甘くさせる。紗羅が手術で顔と声を変えて亜梨沙になったとは露程も思わない健二郎は、5年前の会見で紗羅との不倫を認めた真相をゲロった。
「あれ、やらせだったの。事務所でお願いされちゃったからね、仕方なくさぁ不倫相手を演じたの」

あわせて読みたい

エキサイトレビューの記事をもっと見る
「「ブラックスキャンダル」2世と薬物テーマで連想する事件。山口紗弥加はドキュメンタリーのつもりだ2話」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    >2世俳優」と「薬物」のセット。どうしたって、三田佳子の次男・高橋祐也を連想せずにいられない。  あれねえ、世間はあきれてるよ❗

    1
  • 匿名さん 通報

    >言っちゃいけないことを本人の前で言いまくる健二郎。お酒による失敗も昨今の芸能界のトレンドだ。  よくあるよね❗

    1
  • 匿名さん 通報

    >親父のせいで、親父のせいで俺はずっと惨めな思いをしてきたんだ!」 なのに、警察に取り押さえられる時は「離せよ!俺は棚城正則の息子だぞ!」と絶叫するのだから、始末に負えない。  逆さま、を逆さまにねえ

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース