review

「まんぷく」16話。高視聴率が続くそのワケはアレを意識か 

第3週「そんなん絶対ウソ!」 第16回10月18日(木)放送より
脚本:福田 靖 
演出:渡邉良雄
音楽:川井憲次
キャスト:安藤サクラ、長谷川博己、内田有紀、松下奈緒、要潤、大谷亮平、
     桐谷健太、片岡愛之助、橋本マナミ、松井玲奈、呉城久美、松坂慶子、橋爪功ほか
語り:芦田愛菜
主題歌:DREAMS COME TRUE「あなたとトゥラッタッタ♪」
制作統括:真鍋 斎
「まんぷく」16話。高視聴率が続くそのワケはアレを意識か 
連続テレビ小説 まんぷく Part1 (NHKドラマ・ガイド) NHK出版

連続テレビ小説 まんぷく Part1

16話のあらすじ


福子(安藤サクラ)は三田村(橋爪功)に萬平(長谷川博己)を助けてくれるように頼む。

世良の言動に「真田丸」を思い出す


なんてよく噛み砕かれた話なんだ! と毎朝、感心して見ている。
今日もよくまとまっていた。

15話のレビューで、「福子のホテル勤務はいい設定。街の中心のホテルにはビジネスマンが利用する。だから萬平も以前来たし、世良(桐谷健太)も来る。そして、福子と偶然出会う」と書いたら、16話では大阪経済界の重鎮・三田村亮蔵(橋爪功)がやって来て、福子は控室で彼に萬平を助けてほしいと頼む。
それも「もっと力のある人に助けてもらわないと」と言っているところに、支配人の大前田(曾我廼家寛太郎)がやって来て大阪商工会の会合があり三田村会長も来ると言うので、保科(橋本マナミ)がこの人に助けてもえそうだとピン!と来るというまことによくできた流れ。

さらに、会合に世良(桐谷健太)も来ていて、話がトントン拍子に進み、三田村、世良ラインで萬平救出の流れが生まれる。出来過ぎとはいえ、語り口がなめらかなので、すっと飲み込めてしまう。

あわせて読みたい

「「まんぷく」16話。高視聴率が続くそのワケはアレを意識か 」の みんなの反応 9
  • 匿名さん 通報

    憲兵の上官がまともな人で良かった。真相究明が大事と思う人でなければ、萬平さんはとっくに処罰されているかもしれない。

    11
  • 匿名さん 通報

    調子のいい世良さん。でも何だか憎めない感じがする。悪い人ではないと思うし。

    10
  • 匿名さん 通報

    >よかったですね稲村さん本当によかったと手を握る萬平に、涙をこぼす稲村。 >「おまえは無実や信じてるで」「あんたも絶対に出てこい」と励ます。  いいシーンでしたね。

    8
  • 匿名さん 通報

    久方の食事、しかも福子の手作り弁当 色々と沁みたろう、心にも口内の傷にも

    5
  • 匿名さん 通報

    稲村さんは結局なんで捕まってたんだろう。萬平のようにボロボロにはなってないので、拷問を受けるほどのことではなかったのかな。今後の登場はあるのでしょうか。

    2
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

まんぷく

「まんぷく」レビュー一覧

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース