review

「リーガルV」パワハラだらけの秋ドラマ、被害者のほうが悪人説、六角姓の役者は卑屈な役が抜群に上手い説

米倉涼子主演のドラマ/『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』。が絶好調だ。先週放送された第2話の視聴率は18.1%にジャンプアップ。10月クールドラマ最高の記録だ。

第1話ではちょっとおっさん目線が過ぎるのでは? と思ったのだが、それが逆におっさん視聴者たちのハートをしっかり掴んだのだろう。一方、ツイッターでは若い女性を中心に林遣都祭りが続行中。両面作戦が功を奏した模様だ。
「リーガルV」パワハラだらけの秋ドラマ、被害者のほうが悪人説、六角姓の役者は卑屈な役が抜群に上手い説
イラスト/Morimori no moRi

「パワハラだと騒ぐ連中は困ったものですよ」


第2話は大企業で起こったパワハラ疑惑に京極法律事務所の面々が挑むというストーリー。

グローバル企業「太陽製紙」で女性初の役員となった永島美鈴(斉藤由貴)が弁護の依頼にやってきた。3人の部下にパワハラを受けたと告発されて解任された美鈴は、不当解任を主張して民事訴訟を起こすも口頭弁論直前に担当弁護士が辞任。優秀な若手弁護士・青島(林遣都)がいるという噂を聞きつけて京極法律事務所にやってきたのだ。

楚々とした美女の美鈴を見て、にわかにざわめく京極法律事務所の男たち。パワハラで告発されて一様に驚くが、美鈴が身に覚えがないと言っているのを聞くと、京極(高橋英樹)は「それを聞いて納得しました」と安堵する。……って、ちょっと見た目に左右されすぎてない? ヤメ検・大鷹(勝村政信)の「近頃はちょっと注意しただけでパワハラだって騒ぐ連中がいるから困ったもんですよ」という言葉は、美鈴に寄り添っているようで、世の中の人々(主にパワハラをする上司=おっさんの側)の本音でもあるような気がする。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「リーガルV」パワハラだらけの秋ドラマ、被害者のほうが悪人説、六角姓の役者は卑屈な役が抜群に上手い説」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    >「女性が意味不明にひどい目に遭い続けるドラマ」 とてもよく分かる おっさん向けドラマでも、もう少しどうにかならなかっただろうか

    1
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

リーガルV

リーガルVのレビュー記事一覧

2018年10月25日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。