review

米倉涼子「リーガルV」高視聴率、世間の先入観を覆す展開。だがイマイチすっきりしない理由を3話で考えた

米倉涼子主演のドラマ/『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』。弁護士資格を剥奪された自由奔放な主人公が、ワケありの仲間たちとともに法廷劇を繰り広げる。

先週放送された第3話の視聴率は少し下がって15.9%。それでもすごい数字だ。「ヤメ検」こと大鷹弁護士(勝村政信)が実質主人公だった地味さも視聴率に影響していたかもしれない。
米倉涼子「リーガルV」高視聴率、世間の先入観を覆す展開。だがイマイチすっきりしない理由を3話で考えた
イラスト/Morimori no moRi

浮気、DV、保険金殺人「女の敵」を弁護せよ


第3話で小鳥遊翔子(米倉涼子)率いる京極法律事務所が弁護を引き受けたのは、多額の生命保険がかかっていた妻を殺害し、愛人の存在も発覚して「女の敵」と世間からバッシングされていた浅野(桐山漣)という男。なりゆきで不利な弁護を押し付けられたのは大鷹であり、翔子は京極法律事務所の宣伝と引き換えに彼への協力を買って出たというわけ。

浅野は、犯行時刻には新宿にいたと無罪を主張していた。アリバイを証明するものは何もなく、逆に愛人からはDVも証言されてしまう。そんな中、浅野は偶然、高校の美術教師だった蟹江(岡本信人)とその妻とすれ違っていたことを思い出す。

さっそく大鷹と翔子は浜松にある蟹江の自宅に出向くが、蟹江は学校の裏山で絵を描いていたと主張。蟹江の妻の光代(原日出子)も夫が新宿の歌舞伎町に出向くわけがないと言う。

妻の存在がやたら強調されているこの時点で、「あ、この男は浮気していてすっとぼけているんだな」ということに気がついた視聴者も少なくないだろう。なお、蟹江宅の軒先から見事な富士山が見えたが、浜松から富士山はあんなに大きく見えない。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「米倉涼子「リーガルV」高視聴率、世間の先入観を覆す展開。だがイマイチすっきりしない理由を3話で考えた」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    >妻の存在がやたら強調されているこの時点で、「あ、この男は浮気していてすっとぼけているんだな」ということに気がついた視聴者も少なくないだろう。  まったく気づきませんでした❗

    2
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

リーガルV

リーガルVのレビュー記事一覧

2018年11月1日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。