review

「下町ロケット」無人トラクターと戯れる阿部寛可愛いと思う間もなく裏切りの嵐が「ヤタガラス編」始動6話

TBSの日曜劇場「下町ロケット」(夜9時〜)は、いよいよ先週放送の第6話から今シリーズの第2部にあたる「ヤタガラス編」が始まった。
「下町ロケット」無人トラクターと戯れる阿部寛可愛いと思う間もなく裏切りの嵐が「ヤタガラス編」始動6話
イラスト/まつもとりえこ

宇宙と大地を結びつける新事業が始動!


ヤタガラスとは、日本版GPSとも呼ばれる準天頂衛星システムで、佃製作所がバルブシステムを提供する帝国重工のロケットにより7機が打ち上げられてきた。しかし、帝国重工内では、ロケット開発に反対する“反社長派”の的場(神田正輝)が次期社長候補として力を持つようになる。これまで藤間社長(杉良太郎)のもとでロケット開発を推進してきた財前(吉川晃司)も、的場に目の仇にされ、前回にはついに宇宙航空部部長から宇宙航空企画推進グループに異動させられた。宇宙航空企画推進グループとは、一言でいえば、既存の人工衛星を使って新たな事業を創出しようという部署らしい。

異動にあたり、財前は部下や佃製作所社長・佃航平(阿部寛)に、新天地での最初の課題として「瀕死の日本の農業を救うこと」を宣言した。だが、一体、宇宙と農業がどう結びつくのか? 第6話では、それがあきらかにされた。運用開始されたヤタガラスにより、GPSなど従来の衛星測位システムでは約10メートルあった誤差がわずか数センチにまで改善されていた。財前は、これを利用すれば、トラクターが自ら位置を計測しながら、無人で農作業を行なうシステムがつくれるのではないかと考えたのだ。実現すれば、高齢化のため将来が危惧される日本の農業の起死回生策となるに違いない。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「下町ロケット」に関する記事

「下町ロケット」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「下町ロケット」の記事

次に読みたい「下町ロケット」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

下町ロケット

下町ロケット

池井戸潤の直木賞受賞作を阿部寛、土屋太鳳らでドラマ化。2015年の10月期に放送したエンターテインメント巨編『下町ロケット』の新シリーズ。TBS 日曜劇場にて、2018年10月14日〜12月23日放送(2019年1月2日に特別編放送)。

お買いものリンク