review

有村架純「中学聖日記」彼女ブロック元カレブロック!それでも聖ちゃんに、先生に会いたい7話

「黒岩くん、どうしてここに?」
「じゃあ、先生はどうしてここにいるんですか」

11月20日(火)放送の火曜ドラマ『中学聖日記』(TBS系)第7話。
聖(有村架純)がいまでも教師として働いていることが、子星中学の卒業生たちの間で噂になっていた。聖を好きだった晶(岡田健史)に聖の居場所を伝えるべきか、晶の彼女になったるな(小野莉奈)は迷う。しかし、晶は他の同級生から聖のことを聞き、聖の勤めている小学校を目指してすぐに走り出した。
イラスト/まつもとりえこ

やむにやまれぬ感情はジャッジできない


るなは5話で、聖について「男の先生だったらダメで、女の先生だったら良いなんてことないですよね」と言っていた。
晶の母・愛子(夏川結衣)は6話で、聖が教師を続けていることを知り「許せない」と声を震わせた。
元婚約者の勝太郎(町田啓太)は、晶と再会して「あのとき、彼を見て思ったのは、許せないって。もしまたあの二人が会って、やっぱりこの恋は本物だ、運命だなんて言われても、許せない」と憤る。
そして、聖の受け持つ児童・彩乃(石田凛音)の母・美和(村川絵梨)は、聖たち教師のせいで娘を実家に取られたと思い「許さない」と吐き捨てた。

聖は、周囲からこんなにも「許さない」と言われ恨まれている。仕事も婚約者も失った聖。それが「中学生と教師の淫行」に対する罰だった。社会的な面での制裁は受け、その後も、聖は過去を暴かれることを恐れ続けて生きている。

るな、勝太郎、愛子、美和が「許せない」と言っているのは、聖が淫行という倫理的に間違ったことをしたからではない。彼らの怒りは、それぞれに正当性はありつつも、もっと個人的な感情から生まれているものだ(美和だけは、晶との恋愛に関する怒りではないが)。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「中学聖日記」に関する記事

「中学聖日記」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「中学聖日記」の記事

次に読みたい「中学聖日記」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

中学聖日記

中学聖日記レビュー一覧

お買いものリンク