review

「下町ロケット」神田正輝・福澤朗の責任逃れを杉良太郎が一喝!阿部寛と土屋太鳳の親子対決も9話

TBSの日曜劇場「下町ロケット」(夜9時〜)。第8話(12月2日放送)では、岡山での農業イベント「アグリジャパン」で無人農業ロボット(トラクター)の対決が行なわれ、帝国重工のアルファ1が、下町の中小企業連合によるダーウィンに大敗を喫した。ばかでかい図体のアルファ1が、停車位置で止まらず、そのまま暴走したあげく転倒するさまは、帝国重工の名に大きなダメージを与え、プロジェクトの総責任者である的場(神田正輝)とその腹心の奥沢(福澤朗)は面目を失う。

責任逃れする的場・奥沢を藤間社長が一喝


先週放送の第9話では、この責任をめぐり騒動が持ち上がる。佃製作所社長の佃航平(阿部寛)が、ネット上に大量にあがったアルファ1が転倒する動画を見たかぎり、帝国重工製のトランスミッションに問題があったのではないかと思われた。だが、的場たちは自分たちの責任を一切認めず、原因は北海道農業大学教授の野木(森崎博之)の開発した無人走行制御システムにあると主張する(それ以前に、計画書を勝手に書き換えて、本来は小・中型にする予定だったトラクターを大型化してしまった的場たちの責任は……?)。
「下町ロケット」神田正輝・福澤朗の責任逃れを杉良太郎が一喝!阿部寛と土屋太鳳の親子対決も9話
イラスト/まつもとりえこ

そんな彼らに反旗を翻したのが、財前(吉川晃司)だ。財前は信頼する佃製作所に、無人走行制御システムのテストを委託するよう的場たちに進言する。当然ながら的場と奥沢は頑なに拒否するが、そこへ社長の藤間(杉良太郎)が現れた。藤間から責任を追及された奥沢は、「テストでうちのトランスミッションに問題が見つかったらどうするのか」とうっかり漏らしてしまい墓穴を掘る。これに対し藤間は一喝、プロジェクトを自ら与ることになり、財前の申し出どおり佃たちにテストを任せるよう指示した。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「下町ロケット」神田正輝・福澤朗の責任逃れを杉良太郎が一喝!阿部寛と土屋太鳳の親子対決も9話」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    >藤間から責任を追及された奥沢は、「テストでうちのトランスミッションに問題が見つかったらどうするのか」とうっかり漏らしてしまい墓穴を掘る。  典型的な小物ですね。

    3
  • 匿名さん 通報

    >いつもは斜に構えた軽部(徳重聡)が、同僚の立花(竹内涼真)や加納(朝倉あき)らとともに拳を振り上げながらトラクターを追いかけていたのが、ほほえましかった。  そうでしたっけ?

    1
この記事にコメントする

「下町ロケット + 最終回」のおすすめ記事

「下町ロケット + 最終回」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アンナチュラル」のニュース

次に読みたい関連記事「アンナチュラル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「逃げるは恥だが役に立つ」のニュース

次に読みたい関連記事「逃げるは恥だが役に立つ」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

下町ロケット

下町ロケット

池井戸潤の直木賞受賞作を阿部寛、土屋太鳳らでドラマ化。2015年の10月期に放送したエンターテインメント巨編『下町ロケット』の新シリーズ。TBS 日曜劇場にて、2018年10月14日〜12月23日放送(2019年1月2日に特別編放送)。

2018年12月16日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 下町ロケット 最終回

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。