review

高畑充希「メゾン・ド・ポリス」西島秀俊「そんな死体は後回しだ」今だから言えた、人の心を取り戻した5話

高畑充希主演のTBS「メゾン・ド・ポリス」毎週金曜22時〜)第5話。視聴率は初めての1桁台の9.6%となったが、たぶんまた上がる気がする。西島秀俊の「そんな死体後回しだ」というセリフが秀逸すぎた。

「メゾン・ド・ポリス」は、夏目惣一郎(西島秀俊)、伊達有嗣(近藤正臣)、迫田保(角野卓造)、藤堂雅人(野口五郎)、高平厚彦(小日向文世)という退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」の住人に振り回されながら、新米刑事の牧野ひより(高畑充希)が難事件に挑む一話完結の刑事ドラマ。
高畑充希「メゾン・ド・ポリス」西島秀俊「そんな死体は後回しだ」今だから言えた、人の心を取り戻した5話
イラスト/Morimori no moRi

5話のあらすじ


第5話は、認知症の老人・金森春子(島かおり)の「私、人を殺しました」というセリフから始まった。ひよりと伊達が春子をシェアハウスに連れていくと、「男の人を階段がから落としました」とさらに謎が深まる発言。やがて、連絡を受けた丸山栄一(大谷亮介)、西条(内藤大輔)、岡嶋(木下政治)がやってくる。3人は春子の亡き夫が創業した零細工場の従業員で、春子は3人のことを息子同然に可愛がっていた。

春子が帰宅後、ひよりが転落事故について調べると、2週間ほど前に春子の工場とも関係する営業マンの三崎(亀田佳明)が転落死する事故が起きていたことがわかる。他にも、春子の娘が7歳のときに連続幼女誘拐事件の犠牲者になっていたこと、その犯人が三崎と年齢も出身地も一緒だったこと、足立という男が最近工場を辞めていたことが発覚する。

あわせて読みたい

  • 「メゾンドポリス」橋本マナミがスゲー

    「メゾンドポリス」橋本マナミがスゲー

  • 「メゾンドポリス」汚いおじさん見たい

    「メゾンドポリス」汚いおじさん見たい

  • 高畑充希「メゾンドポリス」成功の鍵

    高畑充希「メゾンドポリス」成功の鍵

  • 今夜「過保護のカホコ」が帰ってくる!

    今夜「過保護のカホコ」が帰ってくる!

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年2月15日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「北川景子」のニュース

    次に読みたい関連記事「北川景子」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「高橋一生」のニュース

    次に読みたい関連記事「高橋一生」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「向井理」のニュース

    次に読みたい関連記事「向井理」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    メゾン・ド・ポリス

    メゾン・ド・ポリス

    TBS系「メゾン・ド・ポリス」レビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース