review

アカデミー賞はもらったものの…「グリーンブック」が抱える黒人差別問題の困難

『グリーンブック』は軽妙でよくできたコメディである。と同時に、なかなか難しい問題も孕んだ作品でもある。
アカデミー賞はもらったものの…「グリーンブック」が抱える黒人差別問題の困難

ニューヨークのバウンサー、黒人ピアニストと旅に出る


『グリーンブック』は、第91回アカデミー賞で作品賞、助演男優賞、脚本賞を受賞した。批評家からは評価された(まあ、そうじゃなきゃ作品賞とかは取れませんね)一方で、スパイク・リーやチャドウィック・ボーズマンなど、黒人の映画関係者は不快感を表明。ロサンゼルス・タイムズでは「『クラッシュ』以来最悪のオスカー作品賞」とまで書かれた。そこまで言われると、どんな映画か気になる。

舞台は1962年。主人公はイタリア系白人のトニー・"リップ"・バレロンガだ。ニューヨークのナイトクラブで用心棒をしていたトニーは仕事を失い、やむなく運転手の仕事を紹介される。その雇い主は、高名な黒人ピアニストのドクター・ドナルド・シャーリー。彼がアメリカ南部へとツアーに赴く際のドライバーとして、数ヶ月の間行動を共にするのが仕事内容である。

なんせトニーはニューヨークのど真ん中で育ったイタリア系白人である。黒人のことはナチュラルに差別しているし、信用もしていない。そんな彼だったが、仕事として仕方なくシャーリーに付き合い、そのピアノの腕に聞き惚れるうちに徐々に打ち解けていく。そして根強く差別が残る南部でひどい扱いを受けるシャーリーを見て、トニーの考えは少しづつ変わり始める。

タイトルにもなっている「グリーンブック」とは、黒人でも宿泊できるモーテルなどの情報をまとめた、旅行ガイドブックの名前である。そのタイトルが示すように、この作品では黒人の公共施設使用を禁止・制限したジム・クロウ法が残存していた当時の差別が大きな題材となっている。有名ピアニストとして演奏の場ではチヤホヤされる一方、シャーリーはレストランに入ることができず、泊まることができるのも汚い安モーテルだ。

あわせて読みたい

  • 魂のバスケ映画「アンクル・ドリュー」

    魂のバスケ映画「アンクル・ドリュー」

  • 「ブラックパンサー」若きカリスマ伝説

    「ブラックパンサー」若きカリスマ伝説

  • 想像の斜め上「スリー・ビルボード」

    想像の斜め上「スリー・ビルボード」

  • 「デトロイト」差別と不安の構造を喝破

    「デトロイト」差別と不安の構造を喝破

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年3月6日のレビュー記事
    「アカデミー賞はもらったものの…「グリーンブック」が抱える黒人差別問題の困難」の みんなの反応 4
    • 匿名さん 通報

      黒人差別は南部特有の文化? 北軍政府のプロパガンダ映画。第一、今一番彼らを侮辱してるのは韓国系。いつまで南部を悪者扱いする?

      3
    • 匿名さん 通報

      03:51は韓国差別丸出し。我々日本人がやってる差別を直視しろよ阿呆。

      1
    • 匿名さん 通報

      04:04はロサンゼルス暴動を知れ。

      1
    • 匿名さん 通報

      日本も差別のひどい狂った国だ。沖縄差別は海外でもニュースになった。在日差別、黒人差別ももちろんある。黒人だというだけでアパートを借りられない人がいた。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュース

    次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース