review

同点のモヤモヤ「R-1ぐらんぷり2019」霜降り明星粗品優勝までじっくり検証する

ひとり芸日本一を決めるR-1ぐらんぷり2019。2542名の頂点に立ったのは、パジャマ姿でフリップをめくる霜降り明星・粗品だった。しかも、史上初のM-1グランプリとの二冠、どちらも最年少優勝というおまけつき。激戦だった今大会をじっくり振り返る。
同点のモヤモヤ「R-1ぐらんぷり2019」霜降り明星粗品優勝までじっくり検証する
イラスト/まつもとりえこ

Aブロック:チョコプラ松尾、クロスバー直撃前野、こがけん、セルライトスパ大須賀


4人中3人がコンビ芸人となったAブロック。IKKYUならぬIKKO(チョコプラ松尾)が屏風のトラにスキンケアを施し、クロスバー直撃前野が小道具をメルカリに出品し、こがけんが80年代洋楽ロック風に「NEWS ZERO」(※他局)を歌いあげる。

序盤から気になったのは客席のリアクションだった。ファンデーションを塗った虎に悲鳴がおき、こがけんが「(このマイク)100万円もしたからなぁ〜」と言えば「え〜〜!」と驚く。前野が小道具の機能を説明すれば、まるで通販番組のような「おぉ〜」。笑い声以外の反応がどうも大きい。

その反応が一瞬静まったのが、セルライトスパ大須賀だった。赤ちゃんを抱いて登場し、「(寝ました〜)」と、ささやき声のまま一言ネタを繰り出していく。そのウィスパーボイスを聞き取ろうと集中するせいか、笑い声以外の反応が薄くなるメリットが。「ボールペンって安すぎないですか」「そこいくと下敷きって高いですよね」と、日常の虚を突く視点に笑いがおき、セルライトスパ大須賀がAブロックを通過する。

あわせて読みたい

  • 「R-1」客席見えへん優勝じっくり検証

    「R-1」客席見えへん優勝じっくり検証

  • 今夜「R-1」予習した描いた優勝は誰だ

    今夜「R-1」予習した描いた優勝は誰だ

  • 検証アキラ100%はなぜR-1優勝したのか

    検証アキラ100%はなぜR-1優勝したのか

  • 総括「R-1」バカバカしさの快勝

    総括「R-1」バカバカしさの快勝

  • レビューの記事をもっと見る 2019年3月11日のレビュー記事
    「同点のモヤモヤ「R-1ぐらんぷり2019」霜降り明星粗品優勝までじっくり検証する」の みんなの反応 6
    • 匿名さん 通報

      放送を見てないので、ぜひ優勝者のネタを見てみたいです。

      1
    • 匿名さん 通報

      Webライターの、文章の稚拙さ、わかります。自己啓発本でも愛読しているんでしょうか。昔の文士は古典を読んでずいぶん文章の研鑽したのに、今は誰でもネットで大きい顔ができる時代ですね。

      1
    • 匿名さん 通報

      19から同じネタで予選落ちてて知名度上がったら優勝てなんやねん なーにが文句なし優勝だ

      0
    • 匿名さん 通報

      このライター、天才的な粗品の優勝が許せないんじゃないの?自分が凡庸で、亜流だから。自分の能力に限界を感じている人間ができる人間を嫉妬するような記事、嫌いなんだよね。不愉快になるだけで。カッコ悪いよ。

      0
    • 匿名さん 通報

      文章能力のない、Webライター、どうにかして~。「ネタが全てです!ネタが良ければ文章なんか下手くそでも良いんです!」とか、ドヤちゃって。言葉への冒涜も甚だしい。。。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース