review

「なつぞら」66話、劇中アニメ「わんぱく牛若丸」アニメクラスタと大河ドラマクラスタが沸いた

「なつぞら」66話、劇中アニメ「わんぱく牛若丸」アニメクラスタと大河ドラマクラスタが沸いた
連続テレビ小説「なつぞら」 
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~

第11週「なつよ、アニメーターは君だ」66話(6月15日・土 放送 演出・木村隆文)視聴記録


晴れてアニメーターに
アニメーターの試験に合格、作画課に机をもらったなつ(広瀬すず)。鉛筆、羽根ぼうきなど道具に目を輝かせる。なんといっても、画を透かすための道具ライトボックスを点灯したときに魔法のように光るような感じは見ているほうも心踊る。
作画部屋に案内されてドキドキしながら入ってくる広瀬すず、マイ作画デスクに座って備え付けのサイトボックスを点けたときの広瀬すずの表情がビビッド。単に、真面目にやる気ある感じに明るくニコニコではなく、お腹の底から喜びが温泉みたいにぽこぽこ沸いてくる抑えがたさが逆にものすごく正直に見えた。

新作の準備に逸る作画課に大川社長(角野卓造)が視察にやってきて挨拶。なつのことを見るから、面接で落としたことを思い出されたらどうしようと目を逸らすが、気付かない。でも、「漫画の皆さん」と漫画呼ばわりとか、女性は結婚し子供を生んだら退社することが前提のような話になつは憤慨する。そのときの口調は機関銃のようで、日頃、控えめにしているが、なつは心のなかではふつふつとたぎる熱情をもっていて一旦ふたがあくと溢れてしまう人なのかなあと思う。それはいまにはじまったことではなく、幼少時に、生きるために無理してニコニコして本心をしまっていたところ泰樹に感情を出すことを教えられたことや孤児であるという負い目をどこかで捨てきれず他者に遠慮しがちなところがあるところなどが 折につけ描けられてきた。長いドラマならでは、時間をかけることで登場人物に厚みが加わっていく良さだ。

あわせて読みたい

  • 「なつぞら」井浦新語る「白蛇姫」裏話

    「なつぞら」井浦新語る「白蛇姫」裏話

  • 「なつぞら」なつを毎日スケッチする男

    「なつぞら」なつを毎日スケッチする男

  • 「なつぞら」「相棒」卒業鈴木杏樹登場

    「なつぞら」「相棒」卒業鈴木杏樹登場

  • 「なつぞら」なつに男が寄って来ない

    「なつぞら」なつに男が寄って来ない

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年6月17日のレビュー記事
    「「なつぞら」66話、劇中アニメ「わんぱく牛若丸」アニメクラスタと大河ドラマクラスタが沸いた」の みんなの反応 7
    • たんぽぽ 通報

      なっちゃん、家で着ている普段着?のほうが外出着にいいのに!

      6
    • 匿名さん 通報

      作画課に入れてよかったね、なっちゃん がんばって

      5
    • 匿名さん 通報

      「ひよっこ」の工場閉鎖しに来た人だったんだ。いや~細かい情報面白いです。

      4
    • 匿名さん 通報

      >そこでは牛若丸こと源義経の父である源頼朝役を岡田将生(咲太郎役)が演じ、ナレーションをやっていたのだ。  義経の兄が頼朝ですよ。間違ってますよ。

      3
    • 匿名さん 通報

      のぶさんのこと、のきさんって言ってましたよね。

      3
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュース

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース