review

安住紳一郎アナ秒の凄み検証。TBS上半期を執拗に振り返り、Eテレでも見せたスーパーテクニックをご報告

       
安住紳一郎アナ秒の凄み検証。TBS上半期を執拗に振り返り、Eテレでも見せたスーパーテクニックをご報告
「井上マサキのテレビっ子からご報告があります」第2回。ライターでテレビっ子の井上マサキでございます。この連載は日々テレビを見ていて気になった細かいこと、今のアレってアレなんじゃないのと思ったことを、週報代わりにご報告できればと思っております。どうぞよろしくお願いします。

前回の「テレビっ子」はこちら


平成最後の夜のことである。

2019年4月30日。平成から令和へと元号が変わるその夜。みんな何をどうやって過ごしたら良いかわからなかった。なんか年越しみたいだけど、「あけましておめでとう」でもないし、でも0時の瞬間までは起きてるか、みたいな空気だった。

そしてテレビ各局も、何をどうしたらいいか手探りだった。かつてない「元号またぎ」。初詣でもないし除夜の鐘が鳴るわけでもない。結局、中継先はジュリアナだったり、盆踊り会場だったりとバラバラ。大変ふんわりした時間を過ごしたのを思い出す。

そのなかで、古舘伊知郎と安住紳一郎アナがタッグを組んだのが、TBS『生放送!平成最後の夜』だった。平成の30年を1年ずつVTRで振り返る2時間の生放送特番。国分太一の「マハラジャ六本木」中継を挟みながら、番組はエンディングを迎える。

そのラスト24秒、誰も知らなかった「スーパーテクニック」を、安住アナ本人が2ヶ月近く経って今さら振り返ったのだ。7月5日放送の『安住紳一郎と2019年上半期のTBS』のことである。

「ラスト24秒」を執拗に振り返る安住アナ


『安住紳一郎と2019年上半期のTBS』は、そのタイトル通り、安住アナが2019年上半期のTBSを振り返る「自己批評風バラエティ」。演出は『水曜日のダウンタウン』の藤井健太郎であり、『サンデーモーニング』の“バーチャル張さん”のクオリティや、納期に追われておかしくなったニュース番組の再現CGベスト3など、独自の目線でTBSをイジり倒していく。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「安住紳一郎アナ秒の凄み検証。TBS上半期を執拗に振り返り、Eテレでも見せたスーパーテクニックをご報告」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    安住氏はウイークデーは、収録などはあるにせよガラガラでは?変形労働時間制だと思えばこんな会社たくさんありますよ。

    2
  • 匿名さん 通報

    さらに翌朝10:00〜、ラジオの生放送(TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」があるっていう… どんだけ働くねん。

    0
  • 匿名さん 通報

    土曜夜の番組が終わったら翌日のにちてんの打ち合わせを5時間やるのは有名な話。 あの日もやったんだろうか?寝ないでラジオで2時間喋れるって凄い。

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月13日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。