review

宮崎駿監督「名探偵ホームズ」をYouTubeで全話配信 犬であることに乗り気ではなかった?

記事まとめ

  • 「名探偵ホームズ」のTMSアニメ55周年公式チャンネルで期間限定全話配信がスタートした。
  • 同作は、宮崎駿監督や「この世界の片隅に」の片渕須直監督がスタッフとして参加したことで知られる名作アニメだ。
  • ホームズのモデルはボーダーコリーとされるが、当初はグレイハウンドのように耳がたれて不健康そうな顔をしていたという。

YouTubeで宮崎駿監督「名探偵ホームズ」全話配信。なぜホームズは犬だったのか

「名探偵ホームズ」がYouTubeで観られる! しかも全話!
YouTubeで宮崎駿監督「名探偵ホームズ」全話配信。なぜホームズは犬だったのか
「名探偵ホームズ Blu-ray BOX」バンダイビジュアル

宮崎駿監督や「この世界の片隅に」の片渕須直監督がスタッフとして参加したことで知られる名作アニメ「名探偵ホームズ」TMSアニメ55周年公式チャンネル」での期間限定全話配信がスタートした。7月12日現在1話から5話までが公開されている。

コナン・ドイルの世界的な推理小説「シャーロック・ホームズ」シリーズに大胆なアレンジを加えてアニメ化したもので、テレビ放映されたのは1984年から1985年にかけて。テレビ放送前には映画『風の谷のナウシカ』と劇場で同時上映されていた。

ホームズものといっても推理小説的な要素は少なく、殺人事件もない。パイプたばこと化学実験が大好きなホームズ(広川太一郎)は若く健康的で、美人に弱い相棒のワトソン(富田耕生)は信頼できる好漢。悪事は天才・モリアーティ教授(大塚周夫)の一味が一手に引き受け、毎回、朗らかなドタバタアクションが柔らかなタッチで繰り広げられる。子どもから大人まで楽しめる作品であり、なんなら子どもに最初に見せる宮崎アニメとしても最適なんじゃないかと思う(短いし)。

とにかく豪華なスタッフ・キャスト陣


監督は宮崎駿だが、担当しているのは全26話中6話のみ。それでも宮崎は企画当初から深くかかわっており、作品の基本的な方針やテイストを決めたほか、全26話分のあらすじも出来上がっていたが(モリアーティ教授のおじいさん、モリアーティ大佐が登場予定だった)、製作そのものが頓挫してしまった。その後、企画は復活したが、宮崎はすでに別の仕事に入っており、残りの話数は『ルパン三世』(77年)や『ガンバの冒険』(75年)などで演出を務めた御厨恭輔が監督を務めた。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「YouTubeで宮崎駿監督「名探偵ホームズ」全話配信。なぜホームズは犬だったのか」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    雑草ノートで主人公を豚にしてるくせに・・。

    7
  • 匿名さん 通報

    当時パタリロで魔夜 峰央が、このアニメの青いルビーは間違いで、それはサファイアだって指摘していた。

    6
  • Mio 通報

    この作品、私は好きだったですね。 宮崎駿が、この設定に批判的だったことに驚いた。 多分探せば、押入れの中から、映画版の音声レコードが出てくるかも。

    3
  • 通報

    映画版ではホームズの声は大草原の小さな家のお父さん役(マイケル・ランドン)、柴田 侊彦でしたね。個人的には映画版の方が好きでした。

    2
  • 匿名さん 通報

    わいも子供の頃から犬のホームズには違和感があってちゃんと見てなかったわ。 なんで犬やねんって。いかにも子供子供してる感じがいややった

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月14日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。